体力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

体力(たいりょく、英:Physical strength)は、生命活動における必要な能力を指す[1]。多くの場合、筋力敏捷性心肺機能などの総合力を意味する。一般的にスポーツで活躍する者を「体力がある」という表現がなされる。また、腕っぷしが強い者や病気に対する抵抗力がある者、過酷な労働環境にいる者なども同様の表現がされる。

反対の意味として運動音痴という言葉が使われる[2]

概要[編集]

個人の体力は、2つの要因によって決定される。一方は、筋線維の断面積であり、他方は、筋繊維の強度である。タイプIの遅い筋繊維の割合が高い個人は、タイプIIの速い筋繊維の割合が高い同様の個人より、筋力は小さくなる一方、持久力は高くなる。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル:体力測定、過去と未来つなぐ”. 朝日新聞デジタル (2019年10月9日). 2021年9月17日閲覧。
  2. ^ 東大生と学ぶ“運動音痴”の治し方 - 日経ビジネスオンライン 2009年5月13日

関連項目[編集]