佐野實

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐野 實(さの みのる、1926年6月10日 - 2012年5月8日[1])は日本実業家。医療機器・ガラス製品メーカーであるニプロの創業者であった。

来歴[編集]

山梨県出身。東海科学専門学校(現・東海大学)を経て1954年にニプロの前身である精密機械会社「日本硝子商事」を設立。その後一代で医療機器・医薬品へ進出するなど順調に事業を拡大していき、1992年には東証一部へ上場させるなど経営者の手腕が高かった。

一方でニプロで得た利益を地元・山梨へ還元しており、母校の身延高校に対して室内野球練習場の資金を提供したり、Jリーグヴァンフォーレ甲府のユニフォームスポンサーの提供を行っていた。

また大阪山梨県人会の会長を務めており、センバツ高校野球夏の高校野球で山梨県の公立高校が出場する時は甲子園球場を訪れ応援する姿を目にすることがあった。なお、関西を拠点にしていることから小林一三同様甲州財閥には含まれない。日中経済協会の常務理事も務めた。

2012年5月8日、死去[2]。85歳没。

脚註[編集]

外部リンク[編集]

先代:
(設立)
ニプロ社長
初代:1954年 - 2012年
次代:
佐野嘉彦