佐藤藤佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 藤佐(さとう とうすけ、安永4年(1775年) - 嘉永元年(1848年))は、江戸時代後期の公事師財政家蘭方医佐藤泰然の父。

経歴[編集]

出羽国飽海郡にあった庄内藩領升川村(現在の山形県遊佐町)の出身、寛政6年(1794年)、19歳で江戸に出て公事師として活動しているうちに武家の財政再建に関わるようになり、後に旗本水野氏伊奈氏に仕えた。

天保11年(1840年)、庄内藩が絡む三方領知替えが発生し、庄内の人々が激しく反発すると(天保義民事件)、藤佐はこれを撤回させるべく、知己である江戸の南町奉行矢部定謙らを通じて江戸幕府転封の不可を訴えるが、反対に農民の直訴を教唆した疑いで訟廷に召喚される。だが、かえってその場で転封の非を大いに論じ、遂に領知替えを撤回させることに成功した。

参考文献[編集]

  • 『日本人名大事典 3』(平凡社、初版:1938年・覆刻版:1979年)144頁
  • 『講談社 日本人名大辞典』(講談社、2001年)871頁
  • 『山形県大百科事典』(山形放送、1983年)400頁(執筆者:菅原傳作)