佐藤琢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 琢治(さとう たくじ、文久3年1月13日[1]1863年3月2日) - 1902年明治35年)12月3日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。ジャーナリスト。号・養花生、浩毅[3]

経歴[編集]

陸奥国登米郡登米(現在の宮城県登米市[1]で、仙台藩陪臣・佐藤弥右衛門の二男として生まれる[3]明治法律学校(現在の明治大学)で学ぶ[1]自由党に入党したため、保安条例で追放された[1]。『新愛知』、『仙台自由新聞』、『民報』、『自由党党報』で記者を務めた[2]1892年(明治25年)、宮城県会議員に選出[1]

1898年(明治31年)、第6回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 衆議院議員列伝 1901, p. 489.
  2. ^ a b 議会制度七十年史 衆議院議員名鑑 1962.
  3. ^ a b 『宮城県百科事典』421頁。

参考文献[編集]

  • 『宮城県百科事典』河北新報社、1982年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 山崎謙『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。