佐藤慶次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 慶次郎(さとう けいじろう、1927年6月6日 - 2009年5月24日)は、日本作曲家、造形芸術家。

人物[編集]

慶應義塾大学医学部卒で、早坂文雄に師事、1953年実験工房の会員、後に退会。

1954年の音楽コンクールと1961年のウィーンISCM国際現代音楽祭に入選。電子オブジェの世界でも注目される。

代表作に1960年作曲の「ピアノのためのカリグラフィー」がある。

2009年5月24日、肺がんで死去。

作品[編集]

管弦楽・室内楽・器楽[編集]

  • ピアノと管弦楽のためのレントとアレグロ(1952年)
  • ピアノのための五つの短詩(1953年)
  • コンポジションモジェック(1953年)
  • ピアノのためのカリグラフィー(1960年)
  • 9つの弦楽器のためのカリグラフィー(1962年)
  • 10の弦楽器のためのカリグラフィー第1番(1964年)
  • 10の弦楽器のためのカリグラフィー第2番(1965年)

テープ音楽[編集]

  • スティールリボンによるカリグラフィー(1965年)
  • ブレンシアの鐘(1966年)
  • アルゴル(1965年)

電子オブジェ[編集]

  • エレクトリック・ラーガ(1967年/1975年再製作)
  • オーバー ザ ウェーブス(1974年)
  • ヴォーテックス パフォーマンス(1976年)
  • ススキ3B(1992年)
  • 岐阜ススキ群'99(1999年)

他多数

映画音楽[編集]

外部リンク[編集]