佐藤善一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 善一(さとう ぜんいち、1906年3月15日 - 2004年9月27日)は、日本の作家、政治家。

岩手県生まれ。岩手県師範学校専攻科卒。『人民文庫』に投稿し、1939年「龍の髭」で芥川賞候補となり宇野浩二に師事。1944年「とりつばさ」で直木賞候補となるが芥川賞にこだわり辞退。岩手県山田町長を務めるが公職追放にあう。農業にたずさわりつつ新聞連載などをし、1955年町長に復職、1967年まで三期務め、1967年-1979年岩手県議会議員を三期務める。没後従五位受勲。

著書[編集]

  • 『鞭牛』未来社 1958
  • 『吉里吉里善兵衛』未来社 1960
  • 『熊山だち』芦書房 1964
  • 『狸紋様』芦書房 1965
  • 『旅情』芦書房 1966
  • 『佐藤善一作品』津軽書房 1973
  • 『盲暦』津軽書房 1974
  • 『遠野 小説集』津軽書房 1977
  • 『妄想部落』津軽書房 1977
  • 『わたしの宇野浩二』毎日新聞社 1978
  • 『山河あり』津軽書房 1982
  • 『幽囚の門 小説集』津軽書房 1984
  • 『夢幻の女』津軽書房 1985
  • 『鴎霞露物語』其の1-7 津軽書房 1987-1992
  • 『三十一、五六 佐藤善一歌文集』津軽書房 1998
  • 『三十一、五六 佐藤善一歌文集 爼の2』川口印刷工業 1999
  • 『三十一、五六 佐藤善一歌文集 爼も3』川口印刷工業 2000

参考[編集]