佐藤兵八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤兵八
さとう ひょうはち
生年月日 1844年
出生地 日本の旗 日本 備中国上房郡有漢村
(現岡山県高梁市有漢町有漢)
没年月日 1900年6月22日
前職 高梁銀行頭取
所属政党 (中国進歩党→)
進歩党

選挙区 岡山県第5選挙区
当選回数 1回
在任期間 1894年9月 - 1897年12月25日

テンプレートを表示

佐藤 兵八(さとう ひょうはち、1844年弘化元年11月[1])- 1900年明治33年)6月22日[1][注釈 1])は、明治期の農業経営者、実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

備中国上房郡有漢村[2][3][4]岡山県[1]上房郡有漢町を経て現高梁市有漢町有漢)で、酒造業[2]の家に生まれる。幼少期は綱島(名不詳)から漢学を学び、その後、進鴻渓に十余年師事し塾頭を務めた[2][3]

農業を営み[1]、家業の酒造業に従事し、その後、醤油醸造業にも事業を拡大した[2][3]。その他、高梁銀行頭取も務めた[1]。公共のために私財を投じ、道路改修、官衙学校の建設、低所得者の救済に尽くした[2][3]

1890年(明治23年[注釈 2])岡山県会議員に選出され[3]学務委員、所得税調査委員、徴兵参事員なども務めた[1][4]。1894年(明治27年)9月、第4回衆議院議員総選挙で岡山県第5区から中国進歩党所属で出馬して当選し[3][5]、その後、進歩党に所属し衆議院議員に1期在任した[1][4]

晩年は実業に専念し、困窮家庭の成績優秀な青年への育英に尽くした[2][3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『岡山県人名辞書』181頁、『備作人名大辞典 乾巻』306頁では6月21日。
  2. ^ 『岡山県人名辞書』181頁では明治13年。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』278頁。
  2. ^ a b c d e f 『岡山県人名辞書』181頁。
  3. ^ a b c d e f g 『備作人名大辞典 乾巻』306頁。
  4. ^ a b c 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』199頁。
  5. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 上巻』103頁。

参考文献[編集]

  • 『衆議院議員総選挙一覧 上巻』衆議院事務局、1915年。
  • 高見章夫、花土文太郎編『岡山県人名辞書』岡山県人名辞書発行所、1918年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 田中誠一編著『備作人名大辞典 乾巻』臨川書店、1974年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。