佐山済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐山済(さやま わたる、1899年8月4日-1965年)は、国文学者。 東京府生まれ。東京帝国大学国文科卒。日本女子大学教授。古典を中心に日本文芸全般を論じた。

著書[編集]

  • 『女流日記』日本評論社 1940 (日本古典読本)
  • 『俳句文芸遠近』八雲書林 1941 
  • 『古典のはなし』建設社 1943
  • 『日本文芸史論』越後屋書房 1944
  • 『日本古典と現実』新人社 1947 (新人社文化選書)
  • 『日本近代詩の歩み』雄鶏社 1948 (雄鶏新書)
  • 『古典用語辞典』磯部書房 1951
  • 『近代詩はいかに歩んだか』磯部書房 1951 (智慧の実教室)
  • 『実力本位源氏物語詳解』山海堂 1954 (国漢詳解叢書)
  • 『土佐・更級日記』福村書店 1956 (国語と文学の教室)

共編著[編集]

校注など[編集]

  • 伊勢物語 流布本 大倉廣文堂 1932
  • 更級日記抄 校註 東京武蔵野書院 1941 
  • 校註源氏物語 夕顔 紫式部 8版 武藏野書院 1948.4

参考[編集]

  • 文藝年鑑