川崎庸之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川崎 庸之(かわさき つねゆき、1908年1月16日[1] - 1996年11月3日[1])は、日本の歴史学者東京大学和光大学名誉教授。

来歴[編集]

東京生まれ。第一高等学校を卒業。東京帝国大学文学部国史学科に進み、辻善之助に師事し、1930年に卒業[1][2]。1936年東京帝大史料編纂所に入り、54年教授[1]。68年定年退官、名誉教授、和光大学教授。仏教を中心とした古代史、日本思想史、日本文化史の研究を続けた。

著書[編集]

  • 日本上代史 三笠書房 1940 (日本歴史全書)
  • 天武天皇 岩波新書 1952 復刊1978ほか
  • 記紀万葉の世界 御茶の水書房 1952
  • 日本思想大系5 空海 十住心論 岩波書店 1975(校注・解説)
    • 原典日本仏教の思想 3 空海 岩波書店 1991
  • 川崎庸之歴史著作選集 全3巻 東京大学出版会 1982
    • 1 記紀万葉の世界
    • 2 日本仏教の展開
    • 3 平安の文化と歴史

共編著[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大辞典
  • 大隅和雄「川崎庸之氏の訃(学界消息)」、『日本歴史』第585号、吉川弘文館、1997年、 140頁。

脚注[編集]