佐々木駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 駿
生誕 (1984-05-22) 1984年5月22日(37歳)
出身地 日本の旗 日本 岩手県盛岡市
学歴 リンツ・アントン・ブルックナー音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 演奏家
担当楽器 トランペット
公式サイト "Engelstrompete" 〜 天使のトランペット

佐々木 駿(ささき しゅん、1984年5月22日 - )は、日本トランペット奏者。

略歴[編集]

岩手県盛岡市出身。岩手大学教育学部附属小学校岩手大学教育学部附属中学校国立音楽大学附属高等学校卒業。リンツ・アントン・ブルックナー音楽大学ドイツ語版出身。

2000年から2006年まで、日本モーツァルト青少年管弦楽団のトランペット奏者として川南モーツァルト祭に出演。同オーケストラにてオーストリア公演に参加。岩手大学教育学部附属中学校を卒業後、国立音楽大学附属高等学校に入学。在学中、トライアウトコンサートにソリストとして出演。卒業後、オーストリアの作曲家バルドウィン・スルツァードイツ語版の薦めで渡欧。オーストリアのリンツ・アントン・ブルックナー音楽大学に留学。2006年フェクラブルックで行われた、TrompetenTageのオープニングコンサートに出演し、ハンス・ガンシュ、フローリアン・クリングラー(Florian Klingler)と共演。同年、“Best of Trumpet” Niederoesterreichischeに参加。2010年、帰国後初のソロリサイタルを開催し、満席で好評を博す。2012年、復興支援を兼ねたデュオリサイタルを大船渡市と盛岡市で開催。2014年、ポルトガルのJAZZトランペット奏者ジレーノ・サンタナと共演。2015年、オーストリアのソプラノ歌手アンナ=マリア・パーマーと共演。2017年、オーストリア、イタリア公演を経てポルトガルでガボール・タルケヴィ(元ベルリンフィル首席)とワークショップの講師を担当、その後、ポルトで開催されたコンサートで海外ソロデビューを果たす。2019年、日中文化交流協会の音楽家派遣事業で訪中。2020年、多年の功労を称え岩手県警察本部長から感謝状が贈られた。2021年、オーストリアの楽器メーカー「Schagerl」のアーティストに就任。

第3回全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト全国大会優秀賞。第7回管打楽器ソロコンテスト優秀賞。

現在、東北を中心に演奏活動や後進の指導にあたっている。岩手大学教育学部音楽科講師、平成音楽大学講師、岩手県警察音楽隊講師、パシフィック・ブラス・オルケスタ音楽監督、いわてトランペットソサイエティ音楽監督、岩手大学吹奏楽部常任指揮者、ヤマハミュージックジャパン トランペットインストラクター、オーストリアの楽器メーカーSchagerl (シャーゲル)社のアーティスト。

これまでにトランペットをハンス・ガンシュガボール・タルケヴィドイツ語版、アルフレッド・ガール、クリスティアン・ホーレンシュタイナー、アンサンブルをツォルト・サイモンのマスタークラスを修了。ベンハート・ベア、ヨーゼフ・アイデンベルガー、エドワード・H・タール北村源三に師事。

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]