佐々木衞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 衞(佐々木 衛、ささき まもる、1948年7月25日[1] - )は、日本の中国学者。専門は社会学。神戸大学名誉教授。

略歴[編集]

広島県広島市生まれ[2]。1971年山口大学文理学部文学科卒業[2]、1978年九州大学大学院文学研究科博士課程社会学専攻単位取得退学[2]、財団法人九州経済調査協会研究員[2]。1979年九州大学文学部助手[2]、1981年講師[2]、1983年助教授[2]、1994年教授[2]。1995年「中国民衆の社会と秩序」で博士(文学)東北大学[2]。1999年神戸大学文学部教授[2]、2013年定年退任、名誉教授となる[3]

著書[編集]

  • 『中国民衆の社会と秩序』東方書店 1993
  • 『費孝通 民族自省の社会学』(シリーズ世界の社会学・日本の社会学) 東信堂 2003
  • 『現代中国社会の基層構造』東方書店 2012

共編著[編集]

  • 『中国の家・村・神々 近代華北農村社会論』路遥共編 東方書店 1990
  • 『近代中国の社会と民衆文化 日中共同研究・華北農村社会調査資料集』編 東方書店 1992
  • 『地域研究入門 1』 (社会学研究シリーズ 理論と技法)松戸武彦共編著 文化書房博文社 1999
  • 『中国朝鮮族の移住・家族・エスニシティ』方鎮珠共編 東方書店 2001
  • 『中国村落社会の構造とダイナミズム』柄澤行雄共編 東方書店 2003
  • 『地域研究の課題と方法 アジア・アフリカ社会研究入門 実証編』北川隆吉監修,北原淳,竹内隆夫, 高田洋子共編著 文化書房博文社 2006
  • 『越境する移動とコミュニティの再構築』編著 東方書店 2007

翻訳[編集]

  • 李景漢,喬啓明,毛沢東『中国の家庭・郷村・階級 (社会学調査研究全書)編・解説, 南裕子訳 文化書房博文社 1998

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ a b c d e f g h i j (日本語) 佐々木衛教授の略歴と業績 (佐々木衛教授 退職記念号), 神戸大学社会学研究会, (2013-03-31), doi:10.24546/81011133, https://doi.org/10.24546/81011133 2022年3月15日閲覧。 
  3. ^ 中国研究を振り返って (佐々木衞教授退職記念号)佐々木衞 社会学雑誌 (30), 1-17, 2013