伊藤進 (軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 進いとう すすむ1914年(大正3年) - 2013年(平成25年)1月)は、大日本帝国海軍軍人戦闘機操縦者、実業家。最終階級海軍大尉兵庫県出身。

経歴[編集]

  • 1914年(大正3年)、兵庫県出身。
  • 第1期海軍飛行予科練習生に合格して、1930年(昭和5年)に海軍に入隊。1933年(昭和8年)に操縦専修卒業。
  • 1934年(昭和9年)より「球磨」「衣笠」等、各種の艦艇に乗り組む。
  • 1939年(昭和14年)には兵曹長准士官)に任官。
  • 1941年(昭和16年)から1943年(昭和18年)にかけて、伊号第二十一潜水艦飛行長。
  • 霞ヶ浦航空隊教官を経て、1944年(昭和19年)7月から第三〇二海軍航空隊分隊長を務める。三〇二空では雷電を駆って、本土防空戦に活躍する。
  • 1945年(昭和20年)7月31日にロケット戦闘機「秋水」運用予定の第三一二航空隊に転属。同隊で終戦を迎える。最終階級は大尉
  • 2008年(平成20年)、戦争で多くの若者が学校で学ぶことができず、亡くなったことを思い「学校教育の振興に活用してください」と岩国市に1億円を寄付[1]
  • 戦後自らが設立した事務機器会社・桧山事務器(岩国市)の会長として、長らく活躍していたが、2013年(平成25年)1月死去。

脚注[編集]

  1. ^ 岩国市に1億円寄付 93歳の伊藤さん 山口新聞 2008年11月21日

参考文献[編集]

  • 「歴史群像」三〇二空「雷電隊」分隊長『伊藤進インタビュー・後編』(学研、2010年2月号)