伊藤桂司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 桂司(いとう けいじ、1958年1月12日[1] - )はアートディレクショングラフィックワーク映像を中心に活動する[2][3][4][5]、日本のグラフィックアーティストである[6][7]。UFG(Unidentified Flying Graphics)Inc.代表[2]京都芸術大学大学院教授[5]

概要・略歴[編集]

1958年、東京都生まれ[2]。中央美術学園卒業[8]。1980年に雑誌「JAM」でデビュー[1]。以後、広告・書籍・雑誌・音楽分野等のアートデザイン・映像制作、個展開催や展示会への参加、作品集の発表など幅広く活動し[2][3][4]、1999年にはニューヨークADC(英語版:Art Directors Club of New York)アワードで金賞を受賞するなど[2]、国内外で活躍している[9]。2007年には京都造形芸術大学教授に就任した[10]

主な作品[編集]

作品集[編集]

受賞歴[編集]

  • 1990年 日本グラフィック展1990年間作家新人賞[8]
  • 1998年 ニューヨークADCアワード 佳作(メリット)[2]
  • 1999年 ニューヨークADCアワード 金賞(ゴールド)[2]
  • 2000年 ニューヨークADCアワード 佳作(メリット)[2]
  • 2001年度 東京ADC賞(コンバース・キャンペーン広告のアートワークにより)[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊藤桂司×根本 敬「I N D O O R G A M E S |インドアゲーム」2020年8月5日(水)~8月19日(水)”. TETOKA (2020年8月3日). 2021年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p about”. Undentified Flying Graphics. 2021年1月31日閲覧。
  3. ^ a b 伊藤桂司”. 東京イラストレーターズ・ソサエティ. 2021年1月31日閲覧。
  4. ^ a b c 伊藤桂司”. クラベリア. 2021年1月31日閲覧。
  5. ^ a b c 伊藤桂司”. 京都芸術大学. 2021年1月31日閲覧。
  6. ^ 伊藤桂司個展「PRINTED MATTER」が4月29日よりGALLERY SPEAK FORにて開催中”. CBCNET (2011年5月2日). 2021年2月1日閲覧。
  7. ^ 渋谷パルコ40周年記念エキシビション シブパル展。”. PARCO ART. PARCO. 2021年2月1日閲覧。
  8. ^ a b 伊藤桂司”. アーティフェック. 2021年1月31日閲覧。
  9. ^ 『シブパル展。』特別対談:田名網敬一×伊藤桂司”. Mastered. クレッセ (2013年3月31日). 2021年2月1日閲覧。
  10. ^ 映画「バベル」は見事な出来だった。”. 編集者/美術ジャーナリスト 鈴木芳雄のブログ フクヘン。. 2021年1月31日閲覧。
  11. ^ “廃棄物の再利用” をテーマに伊藤桂司と中原昌也が初の二人展。限定の7インチレコードやライブペインティングも!”. NEOL. STOP (2019年5月15日). 2021年2月1日閲覧。
  12. ^ 伊藤桂司 VS 生意気”. SHIFT. シフトプロダクション (2001年9月17日). 2021年2月1日閲覧。
  13. ^ 多様なジャンルでグラフィックを手掛ける伊藤桂司個展『SUPERNATURAL』”. CINRA.NET. CINRA (2009年2月25日). 2021年2月1日閲覧。
  14. ^ 伊藤桂司と小町渉が、カセットテープをモチーフにしたコラボ展を開催。”. VOGUE. コンデナスト・ジャパン (2015年1月15日). 2021年2月1日閲覧。
  15. ^ PRODUCTS”. Undentified Flying Graphics. 2021年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]