伊藤憲孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 憲孝
出身地 日本の旗 日本
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

伊藤 憲孝(いとう のりたか、1978年[1]8月11日 - )は、日本のピアニスト福山平成大学准教授[2]

略歴[編集]

広島県尾道市生まれ。3歳でピアノを始める。財団法人広島国際文化財団より中村奨学金を授与され渡欧し、オランダアムステルダム音楽院ドイツベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学を卒業する。ハリーナ・チェルニー・ステファンスカミハエル・エンドレスに師事した。ヨーロッパではチタ・ディ・バレンティノ国際コンクール1位受賞を期に、ドイツ・オランダ・オーストリアスロヴァキアセルビアなどで活発な演奏活動を展開した。

2006年に帰国し、帰国後はソロのみならず室内楽現代音楽にも精力的に取り組んでいる。

室内楽ではNHK交響楽団サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー、ウィーン国立音楽大学教授らとの共演を行っている。現代音楽では韓国で行われた12th JUCHANGHEI Periodical concertに招聘され、またギター山田岳ヴァイオリン米川さやかとともに結成した「Trio ku」では、ベルリンハノーファー、ツェパニックの現代音楽祭に招聘されるなど、国際的な活動を行っている。

CDはディスククラシカよ『ベートーヴェン/リスト編:交響曲第7番コリリアーノ:オスティナートによる幻想曲』、ベルリンのクロイツベルク (Kreuzberg Records) より「Trio ku」で『a hiroshima』がリリースされている。また、配信限定で『ムソルグスキー展覧会の絵』がリリースされている。

ジャンルを超えた活動を行い、DJ・ギタリストのタケムラヤスシとの共演など、様々な試みを行っている。

エリザベト音楽大学大学院非常勤講師、福山平成大学准教授として教育活動も行っている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤憲孝プロフィール”. DISC CLASSICA. 2019年11月5日閲覧。
  2. ^ 福山平成大学・研究者データベース 伊藤 憲孝”. 福山平成大学. 2019年11月5日閲覧。