伊東祐俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊東 祐俊
生誕 佐賀県
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
テンプレートを表示

伊東 祐俊(いとう すけとし)は日本陸軍軍人

生涯[編集]

略歴[編集]

佐賀県出身。明治天皇直属の近衛歩兵第一聯隊大隊長を務める。日露戦争にも参戦し、奉天会戦黒溝台会戦などで近衛歩兵第一聯隊大隊長として第一軍の先陣指揮をとる。1910年から1912年まで陸軍水戸連隊区司令官。

親族[編集]

祐俊の妻エイチヨは、第9代鍋島藩鍋島斉直の曾孫。皇族梨本宮妃伊都子の従姉にあたる。伊東家は飫肥藩の一族。家紋は庵木瓜。 伯父は元老院議官、貴族院議員、男爵の鍋島幹

弟は海軍大佐で、第一次世界大戦において防護巡洋艦・「高千穂」艦長として戦死した伊東祐保

脚注[編集]