伊勢崎勝人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊勢崎 勝人(いせざき かつひと、1949年 - )日本洋画家白日会会員、日展会友。宮城県仙台市在住。

経歴[編集]

  • 1949年 - 東京都八丈島に生まれる。
  • 1972年 - 坪内正に師事。
  • 1978年 - 東京芸術大学油絵科卒業。
  • 1979年 - 第55回白日会記念展にて「文部大臣賞」及び「T賞」受賞。白日会会員に推挙。
  • 1981年 - スペインを中心とした渡欧。
  • 1982年 - アトリエ「鉛筆で描く」執筆。
  • 1983年 - 月刊ボザール油絵教室及び油絵クリニック担当。
  • 1992年 - 岩手県陸前高田市に転居。
  • 1998年 - 宮城県仙台市に転居。
  • 2007年 - 第39回日展にて特選受賞。
  • 2008年 - 第84回白日会展にて内閣総理大臣賞受賞。平成19年度宮城県芸術選奨受賞。第40回日展無鑑査出品。
  • 2010年 - 第42回日展にて特選受賞。第82回白日会展出品作品「白牡丹」がホキ美術館収蔵。
  • 2011年 - 第8回北の大地ビエンナーレ大賞受賞。

展覧会[編集]

  • 1978年
    • 第54回白日会展に初出品。
    • 第10回日展に初出品。(以後12回展まで出品)
  • 1979年
    • 日洋展に初出品。
    • 日本橋三越本店にて「日洋展委員油絵小品展」招待出品。
    • 白日会会員に推挙。
    • 日本橋三越本店にて白日会々員選抜展に出品。(以後多数)
  • 1980年
    • 名古屋日動画廊にて白日会々員選抜展に出品。
    • 日本橋三越本店にて第2回「現代有名作家洋画小品展」招待出品。(以後多数)
    • 日展銀座展覧会場にて「3753展」開催。
  • 1981年
    • 銀座東邦アートギャラリーにて個展、銀座東山画廊にて「画家10人の視覚」展招待出品。
  • 1982年
    • 下関大丸にて個展。
    • 銀座和光ホールにて新世代の具象作家展に招待出品。
    • 岡山ギャラリー祇園にて伊勢崎勝人素描展開催。
  • 1983年
    • 名古屋日動画廊「ミニヨン」展招待出品。
    • 東京セントラル美術館にて「日本美術の精鋭ポスト・コレクション」展に招待出品。
    • 銀座野村画廊にて第1回陶淵会出品。(以後毎回)
    • 大阪ロイヤルホテルギャラリー三越にて個展開催。
  • 1984年
    • 日本橋三越本店にて第1回「日本青年画家展」招待出品。(以後最終回展まで出品)
    • 名古屋松坂屋本店にて個展。(以後1991年、1997年開催)
    • 上野松坂屋にて第8回具象現代展に招待出品。(以後最終回展まで出品)
    • 横浜三越にて個展。
  • 1986年
    • 天満屋倉敷店にて「花を描く伊勢崎勝人油絵新作」展を開催。
    • 銀座三越にて個展。
    • 有楽町ゴールド・サロンにて個展。
    • 倉敷天満屋にて個展。
  • 1987年
    • 岡山店満屋にて「内外洋画秀作展」出品。(以後多数)
    • 大阪、うめだ阪急にて個展。
    • 広島、天満屋にて個展。
    • 大阪梅田阪急にて個展。
  • 1988年
    • 日本橋三越本店にて「伊勢崎勝人・田村鎮男―油絵二人展」を開催。
    • 静岡松坂屋にて個展。
    • 町田ギャラリー・ジュリアンにて個展
    • 阪急日本橋店オープン記念「現代作家洋画展」出品。
  • 1989年
    • 岡山高島屋にて「油絵二人展」開催。
  • 1990年
    • 新宿京王にて「俊英作家油絵展」開催。
  • 1991年
    • 日動画廊第27回昭和会展に招待出品(以後28,29回展出品)。
    • 岡山高島屋にて「油絵六人展」開催。(以後毎年)
  • 1992年
    • 日本橋高島屋にて「輪と和の会」展招待出品。
    • 横浜そごうにて個展。
    • 松阪市ギャラリーMOSにて「松坂会」展開催。
    • 西武アート・フォーラムにて「象の会」展招待出品。
    • 大阪近鉄にて「秀美展」招待出品。(以後多数)
    • 西武アート・フォーラムにて個展。
  • 1993年
    • 船橋東武にて個展。(以後多数)
    • 岩手陸前高田市にて個展。
    • 北上市北上画廊にて個展。
  • 1994年
    • 盛岡カワトクにて個展。
    • 上野松坂屋にて個展。
    • 船橋西武にて「三人展」開催。
    • 日本橋三越本店にて個展。(以後2000年開催)
    • 銀座松坂屋にて「現代洋画10人」展開催。
  • 1995年
    • 池袋東武にて個展。(以後1998年開催)
    • 光が岡西武にて個展。
    • 一関ギャラリー彩画堂にて個展。
    • 山形松坂屋にて「現代洋画三人展」開催。
  • 1996年
    • 千葉そごうにて個展。
    • 仙台ギャラリー鷹(タカ)にて個展(以後多数)
  • 1997年
    • 高槻松坂屋にて個展。
  • 1998年
    • 宮城県仙台市に移住。
    • 八丁堀天満屋にて「白日会会員15人展」開催。
  • 1999年
    • 川口そごうにて個展。
    • 高槻松坂屋にて「二人展」開催。
    • 池袋コミュニティ・カレッジにて個展。日展出品再開(以後毎年)
  • 2000年
    • 仙台三越にて個展。
    • 四日市松坂屋にて個展。
  • 2001年
    • 大阪近鉄にて個展。
  • 2002年
    • 仙台藤崎にて個展。(以後多数)
  • 2003年
    • 神戸大丸にて個展。
  • 2004年
    • 横須賀さいか屋にて個展。
    • 福岡大丸にて個展。
    • 京都大丸にて個展。
  • 2006年
    • 京都大丸店にて白日会精鋭選抜「時代の形象展」招待出品。
    • 福岡三越にて個展。
    • 第40回日展無鑑査出品。
    • 宮城県芸術選奨受賞記念展出品。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]