仲間満慶山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仲間 満慶山(なかま みつけいま、1467年?-1500年)は、15世紀末の石垣島の豪族。憲章氏の元祖。

名乗は英極。平家の落人の子孫、との伝承がある。石垣島西部の川平を治めた。

1500年オヤケアカハチの乱では、アカハチに招かれ挙兵への協力を求められるが、これを断った。馬に乗って一人で帰途に着くが、アカハチはケーラ崎に落とし穴を掘って待ち受ける。罠にはまった満慶山は、ここで討ち果たされた。

参考文献[編集]

沖縄大百科事典、沖縄タイムス、1983年

関連項目[編集]