仙骨神経叢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仙骨神経叢(せんこつしんけいそう)とは脊髄神経から分岐し骨盤臀部性器下肢のうちに大腿・脹脛(ふくらはぎ)・へ繋がる神経叢の名称。

仙骨神経叢は脊髄神経から分岐し背中・腹部・鼠径部と下肢のうち大腿・膝・脹脛に繋がる腰神経叢と相互に連結しているためこれらを合わせて腰仙骨神経叢と呼ぶ。

仙骨神経叢の構成[編集]

仙骨神経叢は第4腰神経~第3仙骨神経の前枝から構成されており、骨盤の後壁を大坐骨孔に向かって斜めに下る。

枝は皮枝と筋皮に分かれる。筋枝は外寛骨筋・大腿屈筋・下腿及び足の全ての筋・会陰筋を支配し、皮枝は臀部・大腿の後側・下腿及び足・外陰部の皮膚に分布する。

[編集]

筋枝:前脛骨動脈とともに下腿深部を下行し、下腿の伸筋群(前脛骨筋長趾伸筋長母趾伸筋第三腓骨筋)、足背の伸筋群(短母趾伸筋短趾伸筋)に分布
皮枝:母趾背外側面と第2趾の背内側面に分布
筋枝:足底方形筋小趾外転筋短小趾屈筋小趾対立筋底側骨間筋背側骨間筋・第2~4虫様筋母趾内転筋を支配。
皮枝:足底の外側の皮膚に分布
筋枝:母趾外転筋短母趾屈筋短趾屈筋と第1虫様筋を支配
皮枝:固有底側指神経として、足底の内側の皮膚に分布

関連項目[編集]