仙南広域農道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広域農道
仙南広域農道
蔵王コスモスライン
陸上区間 20.2km
起点 宮城県白石市福岡深谷
終点 宮城県柴田郡川崎町大字前川
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0457.svg国道457号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

仙南広域農道(せんなんこういきのうどう)は、宮城県白石市から宮城県柴田郡川崎町に至る広域農道。愛称は蔵王コスモスライン。単に「コスモスライン」とも言われる。

概要[編集]

農畜産物の物流改善、蔵王山麓の観光を含む地域間交流を深める幹線道路の機能を担う目的で宮城県が1988年に着工したが、大規模な掘削・トンネル・橋の難工事と遺跡の発掘作業が生じた。2015年10月25日に全線開通した。総事業費は90億4090万円。[1][2]

看板・標識上では、始点・終点は「農業農村整備事業仙南広域農道コスモスライン」、案内標識の経路案内は「広域農道コスモスライン」、大森トンネル入口は「コスモスロード (広域農道)」と表記は統一されていない。

路線概要[編集]

  • 起点:宮城県白石市福岡深谷(交差点=国道457号交点)
  • 終点:宮城県柴田郡川崎町大字前川(交差点=宮城県道47号交点)
  • 陸上距離:20.2km

通過する自治体[編集]

交差・接続している道路[編集]


出典[編集]

  1. ^ “着工から27年「コスモスライン」全線開通”. 河北新報 (河北新報社). (2017年2月24日). オリジナル2015年10月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151015212400/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151014_13049.html 2017年8月17日閲覧。 
  2. ^ “着工から27年「コスモスライン」全線開通”. 「広報ざおう」2015年11月号 No.613 (宮城県刈田郡蔵王町). (2015年11月1日). http://www.town.zao.miyagi.jp/koho/1511/kouhouzao613_top.htm 2017年8月17日閲覧。 

関連項目[編集]