人道回廊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

人道回廊(じんどうかいろう、: Humanitarian corridor)とは、非武装地帯の一形態であり、人道的危機下にある地域へ人道援助をもたらす、あるいはこの地域から難民を避難させる、またあるいはその両方のための安全な通行を保証することを目的として設定される。こうした回廊は、飛行禁止空域や軍用車両の通行禁止地域と同時に設定されうる[1]

冷戦後の時代には、様々なタイプの人道回廊が提案されてきた。紛争当事者らが提案する場合もあれば、人道的介入を目的として国際社会が提案する場合もあった。シリア内戦下では、人道回廊が頻繁に用いられた。

人道回廊が提案された戦争・災害の一覧[編集]

出典[編集]

  1. ^ Security Council hears conflicting Russian, Georgian views of worsening crisis”. United Nations Security Council. 2008年8月時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]