交響曲第6番 (パーシケッティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴィンセント・パーシケッティ交響曲第6番作品69は、吹奏楽のための交響曲の代表的な作品。アマチュアの吹奏楽団によってもしばしば演奏される。アメリカミズーリ州セントルイス・ワシントン大学の委嘱により1956年に作曲され、同年に同大学シンフォニック・バンドにより初演された。

楽器編成[編集]

ピッコロフルート2、オーボエ2、E♭クラリネットB♭クラリネット3部、アルト・クラリネットバス・クラリネットファゴット2、アルト・サクソフォーン2、テナー・サクソフォーン、バリトン・サクソフォーン、コルネット3、トランペット2、ホルン4、ユーフォニアムトロンボーン3、チューバ打楽器奏者3(ティンパニを含む)

楽曲構成[編集]

標準的な4楽章構成であるが、演奏時間は約15分と短い。

  • 第1楽章 アダージョ 4分の4拍子 - アレグロ 4分の2拍子
  • 第2楽章 アダージョ・ソステヌート 2分の3拍子
  • 第3楽章 アレグレット 8分の6拍子
  • 第4楽章 ヴィヴァーチェ 4分の4拍子

参考文献[編集]