亜硫酸バリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亜硫酸バリウム
Barium sulfite
識別情報
CAS登録番号 7787-39-5
特性
化学式 BaSO3
モル質量 217.391 g/mol
外観 白色の単斜晶系結晶
密度 4.44 g/cm3
融点

分解

への溶解度 0.0011 g/100 mL
溶解度 エタノールに不溶[1]
関連する物質
その他の陰イオン 硫酸バリウム
フッ化バリウム
塩化バリウム
臭化バリウム
ヨウ化バリウム
その他の陽イオン 亜硫酸カルシウム
亜硫酸マグネシウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

亜硫酸バリウム(ありゅうさんバリウム、: Barium sulfite)はバリウム亜硫酸塩で、化学式BaSO3で表される無機化合物。白色の粉末で、の製造に用いられるが、他のバリウム化合物と同様に毒性を持つ[2]

安全性[編集]

日本の毒物及び劇物取締法では劇物に分類される。ラットへ経口投与した場合の半数致死量(LD50)は375mg/kg。皮膚や眼に対する刺激性がある。不燃性であるが、加熱により分解し、硫黄酸化物などの有害ガスを生じる。酸類との接触で、亜硫酸ガスを生じる[3]

脚注[編集]

  1. ^ Lide, David R. (1998), Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.), Boca Raton, FL: CRC Press, pp. 4–45, ISBN 0849305942 
  2. ^ barium sulfite. Answers.com. McGraw-Hill Dictionary of Scientific and Technical Terms, McGraw-Hill Companies, Inc., 2003. http://www.answers.com/topic/barium-sulfite, accessed July 19, 2009.
  3. ^ 化学物質等安全データシート(昭和化学株式会社)