井谷善恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井谷善恵(いたに よしえ、井谷善惠、YOSHIE ITANI,D.Phil(Oxon) 1954年9月1日 - )は、日本の美術史家翻訳家。専門は、近代における輸出陶磁器を中心とした輸出工芸史、および異文化交流史。日本コーヒー文化学会常任理事、日本旅行作家協会会員、日本翻訳家協会会員。 

来歴[編集]

兵庫県出身。関西学院大学文学部卒業。いったんは社会人としてTOA株式会社に入社し学問の道からは遠ざかる。

しかし結婚および退社後、3人の子供の出産を経て約20年後の1998年にふたたび同大学院文学研究科修士課程美学専攻に入学、2000年修士学位取得、さらにロンドン大学、アジア・アフリカ研究学院(SOAS,University of London)の修士課程(M.A. Disctintion)を経て2006年オックスフォード大学にて博士号D.Phil(Oxon)を取得。

多摩大学グローバルスタディーズ学部、東京芸術大学、金沢大学などにて非常勤講師を勤めると同時に、日本ポーセリン協会会長として輸出陶磁器(特にオールド・ノリタケなど)の美を伝え,またコーヒー関連としてカップ&ソーサーの魅力や輸出工芸に関しても数多く講演、執筆している。

著書[編集]

  • 『オールドノリタケの美』(東洋出版, 2000年)
  • 『日本の美術と美術工藝』(小学館スクウェア, 2003年, 翻訳書 原著:Sir Rutherford Alcock, “Art and Art Industries in Japan” Virtue & Co, 1878)
  • 『蒼海の財宝』(東洋出版, 2003年, 翻訳書 原著:Hugh Edwards, “Treasures of the Deep” Harper Collins Publishers, 2000)
  • 『画帖―その華麗なる世界 森村組の画工たち』((株)ノリタケアーティストクラブ, 2005年)
  • 『甦る白瑠璃 コラレン-幻のオールド・ノリタケ』(平凡社, 2007年)
  • 『オールドノリタケのアール・デコ』(平凡社, 2008年)
  • 『オールド・ノリタケの歴史と背景』(里文出版, 2009年)
  • 『漆への憧憬―ジャパニングと呼ばれた技法』(里文出版, 2010年 翻訳書 原著: John Stalker & George Parker, "A Treatise of JAPANNING and Varnishing", 1688)
  • 『ロマンス・オブ・コーヒー 文化編』(いなほ書房,2011年 翻訳書 原著: W.H. Ukers, "The Romance of Coffee" The Tea and Coffee Trade Journal,1948)  

共編著[編集]

  • 『煌めきの刻』(里文出版, 2009年)

雑誌[編集]

『珈琲と文化』『珈琲の四季』など

論文[編集]

  • 「三田青磁について」『近代陶磁』3号(2002年)
  • 「明治期における輸出磁器のデザインについて」,『デザイン理論』No.44 (2004)
  • 「19世紀以降のアメリカ磁器市場について」『近代陶磁』5号(2004年)
  • 「明治期の名古屋における外国商社の活躍とその作品について」『近代陶磁』8号(2007年)
  • 「大倉孫兵衛の軌跡―錦絵版元ならびに輸出磁器メーカーの経営者として」『大倉山論集』54号(2008年)

など