井筒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井筒(いづつ)は日本相撲協会年寄名跡のひとつであり、初代・井筒が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。現在は、14代井筒だった元関脇・逆鉾の福薗好昭の遺族が所有している。

井筒の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 井筒万五郎 --- ---
2代 井筒万五郎 --- ---
3代 井筒万吉 十1 ---
4代 越ヶ濱浦右衛門 --- 浦風部屋 1843年-1853~1858年
5代 平石七太夫?[1] 関脇 雷部屋 1869年頃-1873年? 8代音羽山に名跡変更
6代 井筒菊治郎 前4 雷-音羽山-井筒部屋 1879年1月-1887年6月(死去) 二枚鑑札
7代 中田川文蔵 下26 高砂部屋 1891年5月-1896年1月(廃業)
8代 西ノ海嘉治郎 (初代) 横綱 鯨波(京都)-高砂部屋 1896年1月-1908年11月(死去)
9代 西ノ海嘉治郎 (2代) 横綱 井筒-関ノ戸-井筒部屋 1909年3月-1931年1月(死去) 二枚鑑札
10代 星甲実義 前2 井筒部屋 1931年3月-1944年9月(死去)
11代 鶴ヶ嶺道芳 前2 井筒-双葉山-時津風部屋 1947年6月-1972年3月(死去)
12代 星甲良夫 前4 井筒部屋 1972年7月-1974年7月 7代陸奥に名跡変更
13代 北の富士勝昭 横綱 出羽海-九重部屋 1974年7月-1977年11月 12代九重に名跡変更
14代 鶴ヶ嶺昭男 関脇 井筒部屋 1977年12月-1994年4月(停年(定年)退職)
15代 逆鉾昭廣 関脇 井筒部屋 1994年4月-2019年9月(死去)

関連項目[編集]

脚注[編集]

5代井筒2010年頃発見の1873年の年寄連名により新たに確認。

出典[編集]

  1. ^ 「大相撲名力士風雲録 第30号」 相撲部屋物語 井筒部屋