秋田中央交通五城目営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋田中央交通五城目バスターミナル

秋田中央交通五城目営業所(あきたちゅうおうこうつうごじょうめえいぎょうしょ)は、秋田県南秋田郡五城目町字鵜ノ木34にある秋田中央交通の営業所である。

なお本稿では併設されている秋田中央トランスポート五城目営業所(あきたちゅうおう - ごじょうめえいぎょうしょ)についても記載する。

場所は1969年に廃止された秋田中央交通線(旧・五城目軌道)の五城目駅跡地にある。鉄道廃止後もバスで国鉄への連絡運輸を行っていた関係で「五城目駅」と称していた。現在は「五城目バスターミナル」と称されている。

沿革[編集]

  • 2005年4月1日 - 運行管理を子会社の秋田中央トランスポートに委託。
  • 2006年4月1日 - 豊川線、野村大清水線を秋田中央トランスポートに移管。営業所構内に秋田中央トランスポート五城目営業所を設置する。
  • 2013年- 沖田面線・内川線・面潟線が廃止。

所管路線[編集]

五城目線[編集]

臨海営業所と共管
  • 秋田駅 - 新国道 - 土崎 - 追分三叉路 - 大久保駅入口 - 五城目バスターミナル

八郎潟線[編集]

  • 五城目BT - 八郎潟駅(旧鉄道線の代替路線)

井川町町内巡回バス[編集]

  • さくら号1便、4便
  • ゆうゆう号3便、4便

(詳細は井川町町内巡回バスの項を参照)

廃止路線[編集]

かもしか号(五城目線特急)[編集]

沖田面線[編集]

  • 五城目BT - 千日 - 滑多羅温泉
    かつて沖田面(上小阿仁村)発着の便もあり、この便のみ秋北バスと共同運行していたが、2008年10月1日を以って廃止。

内川線[編集]

  • 五城目BT - 大手 - 大繁

面潟線[編集]

  • 五城目BT - 八郎潟駅 - 一日市上丁

秋田中央トランスポート五城目営業所[編集]

秋田中央交通五城目営業所管内のうち、いわゆる飛び地路線となっている潟上市(旧・昭和町区域)内路線を2006年4月1日付で路線の移譲を受け、運行を行っている。

豊川線[編集]

  • 大久保駅前 - 農協前 - 豊川小学校 - 古井内上丁

野村大清水線[編集]

  • 大久保駅前 - 研修センター - 出水 - 大清水 - 大清水北野
    住吉経由野村大清水線

設備[編集]

五城目駅[編集]

五城目駅*
ごじょうのめ
Gojōnome
高校前 (0.9km)
所在地 秋田県南秋田郡五城目町字鵜ノ木34
所属事業者 秋田中央交通
所属路線 秋田中央交通線
キロ程 3.8km(八郎潟起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1922年(大正11年)4月21日
廃止年月日 1969年(昭和44年)7月11日
備考 路線廃止に伴い廃駅
* 1927年に東五城目駅から改称
テンプレートを表示

五城目駅(ごじょうのめえき)は、秋田県南秋田郡五城目町字鵜ノ木34にあった秋田中央交通線(旧・五城目軌道)の鉄道駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、島式ホーム(片面使用)1面1線を有する地上駅であった[3]。ホームは線路の北側(五城目方面に向かって左手側)に存在した[3]。そのほか側線として、本線八郎潟方から北側に分岐し島式ホーム北側と線路の北側にある貨物ホームに挟まれる形の行き止りの貨物側線を1線、本線から南側に分岐した機回し線、機回し線の南側に数線の側線を有した車庫線を有していた[3][5]

職員配置駅となっていた[4]。駅舎は構内の北側に位置し旅客ホームと貨物ホームの東側に接していた[3]。貨物ホーム上にも建屋を有した[3][5]

車庫の建屋は、2線を格納する車庫と、線路の南側に倉庫を有した[3]

隣の駅[編集]

秋田中央交通
秋田中央交通線
高校前駅 - 五城目駅


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)223ページより。
  2. ^ a b c 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 2 東北』(監修:今尾恵介新潮社2008年6月発行)45ページより。
  3. ^ a b c d e f g h i 書籍『新 消えた轍 3 東北』(著:寺田裕一、ネコ・パブリッシング2010年8月発行)21-24ページより。
  4. ^ a b c d 書籍『私鉄の廃線跡を歩くI 北海道・東北編』(著:寺田裕一、JTBパブリッシング、2007年9月発行)164ページより。
  5. ^ a b c 書籍『私鉄の廃線跡を歩くI 北海道・東北編』(著:寺田裕一、JTBパブリッシング、2007年9月発行)54-57ページより。

関連項目[編集]