二階堂行綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
二階堂行綱
時代 鎌倉時代中期
生誕 建保4年(1216年
死没 弘安4年6月7日1281年6月24日
改名 行綱、行願(法号)
別名 信濃三郎、信濃判官、伊勢前司、伊勢入道
官位 左衛門尉、伊勢
幕府 鎌倉幕府 引付衆評定衆政所執事
氏族 二階堂氏
父母 父:二階堂行盛
兄弟 行泰行綱行忠
頼綱

二階堂 行綱(にかいどう ゆきつな)は、鎌倉時代中期の鎌倉幕府文官御家人

生涯[編集]

建保4年(1216年)に二階堂行盛の次男として生まれる。寛元3年(1245年)に伊勢に任官し、建長元年(1249年)に引付衆に任じられた。康元元年(1256年)に執権北条時頼が出家すると、兄の行泰や弟の行忠と共に出家し、「行願」と号した。

時頼の死後も幕府で重きを成し、文永元年(1264年)に評定衆の一人に任じられ、文永6年(1269年)には政所執事に任じられた。建治元年(1275年)京都若宮八幡宮社の新宮建築に当たり、御家人に費用の捻出が求められるが、二階堂氏は200貫(信濃入道跡100貫、隠岐入道跡100貫)の費用を提供した[1]

弘安4年(1281年)6月7日に死去。享年66。跡を子の頼綱が継いだ。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館所蔵「造六条八幡新宮用途支配事」、『寒河江市史 大江氏ならびに関係史料』p.390-397

参考文献[編集]

  • 『国立歴史民俗博物館研究報告 第45集』「「六条八幡宮造営注文」について」海老名尚、福田豊彦、1992

関連項目[編集]