二輪屋台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二輪屋台(にりんやたい)とは、祭りで使われる屋台の一種。遠江国東部、現在の静岡県遠州地方の大井川から天竜川一帯(磐田市袋井市周智郡掛川市など)の東遠北遠の一部、特に東海道沿いに多く見られる。本項においても遠州地方の二輪屋台を扱う。

概要[編集]

遠州地方では、二輪屋台は一般に(西遠地区の四輪屋台と区別なく)単に「屋台」と呼ばれるが、横須賀では「祢里(ねり)」と呼ばれる。

通常の四輪屋台・山車などと違って曳行時に屋台を大きく揺らす点が特筆できる。

分類[編集]

遠州地方の二輪屋台は、大きく2種類に大別される。

一本柱万度型[編集]

二輪屋台の例:一本柱万度型

厳密には山車に分類されるが、江戸の天下祭り祭車の原型で、江戸中期の「神田明神祭礼絵巻」にも同様の屋台が見られる。囃子台の上に心源棒と呼ばれる一本柱を立て、その上に万度(万灯)が乗り、更にその上に山車人形と依り代としての松を飾る(松のみの地域もある)。袋井市の南部、掛川市の南部、菊川市の南部、御前崎市の各一部で引き回されている。遠州横須賀三熊野神社大祭掛川市横須賀)のもの[1]が有名。

御所車型[編集]

二輪屋台の例:森型
二輪屋台の例:掛川型
御所車型の最も古い形:掛川型の一種

御所車のような形をしているためこのように呼ばれている。掛川市から磐田市までの中東遠地方各地に見られる。屋上には一本柱万度型と同様山車人形を飾る(一部例外もある)。各地でいろいろな型があるが、転売や新規の建造などとともに、近年特徴の共通化・混濁化が進んでいる。

代表的なものを以下に示す。

袋井型
最も一般的な形で、四本柱もしくは六本柱である。高欄が擬宝珠で装飾されることもあり、森型の屋台との相違点となっている。正面の出高欄はやや小さい。水引幕による装飾が行われる場合もある。袋井市周辺に多い。
森型
袋井型に似ているが、四本柱造りで漆塗りを原則とする。水引幕による装飾は行われない場合が多い。正面の出高欄に若衆が乗って屋台を指揮する。周智郡森町に多い。
掛川型
一般的に欄間の上の斗組・蟇股支輪がなく、脇障子もない。六本柱造りで、側面前半は高欄・後半は嵌め殺しの建具(格子障子が多い)があしらわれる。また正面の出高欄が大きく作ってあり、ここに子供が乗り、囃子の締太鼓が演奏される(古い型には下記の日坂型同様、出高欄のないものもある)。掛川市中心部に多い。
日坂型
屋上に「浜床」と言われるベランダ状の部分がなく、正面の出高欄や脇障子もない。また組高欄が障子状になっており、外側に開いているため、俗に「アサガオ屋台」と呼ばれる。掛川市東部の日坂地区から菊川市一帯に多い。
中泉型
脇障子がなく、掛川型のように出高欄の部分で囃子を演奏する。一本柱万度型の構造に近い。磐田市中泉の府八幡宮祭礼に見られる。
唐破風型
唐破風造りになっており、屋上には山車人形を飾らない。浜松市天竜区春野町および菊川市のごく一部に見られる。

二輪屋台の主な祭礼[編集]

遠州地方では4月から11月にかけて各地で屋台祭りが行われるが、二輪屋台の曳かれる代表的な祭礼を以下に挙げる。

名称 神社 地区 時期 特徴
遠州横須賀三熊野神社大祭 三熊野神社 掛川市横須賀 4月第一週 一本柱万度型の屋台祭りの代表。祭礼囃子は静岡県の無形民俗文化財第一号となっている。
飯田山名神社天王祭 山名神社 周智郡森町飯田 7月第二または第三週 舞台で舞われる舞楽の周りを練り歩くところが最大の見せ場である。
事任八幡宮例大祭 事任八幡宮 掛川市日坂・八坂 9月第二週 日坂型屋台の典型例。二輪屋台の特質である屋台を上下に揺らす動作が特に激しく、見せ場となっている。
中泉府八幡宮祭礼 中泉府八幡宮 磐田市中泉 10月第一週 二輪屋台と四輪屋台が混在する地域。
中村八坂神社祇園祭 中村八坂神社 掛川市中 10月第一週 一本柱万度型。京都祇園祭の神事が忠実に伝承された祭礼行事は静岡県の無形民俗文化財に指定されている。
袋井祭り 十二所神社 袋井市 旧東海道沿い 10月第二週 五穀豊穣を祝い無病息災を祈る祭りで十二所神社例大祭、白髭神社例祭、赤尾渋垂神社例大祭、七ツ森神社例祭をまとめて袋井祭りと呼ぶ。道囃子などの独特な芸能もあり、袋井型屋台を曳く祭りとしては最大規模。
下水神社御祭禮 下水神社 御前崎市池新田・下朝比奈 10月第二週 五穀豊穣を祝う収穫祭、池新田型といわれる独特な花飾りの一本柱万度型の祭礼の一つ。
掛川祭 龍尾神社 掛川市掛川(掛川駅北) 10月10日直近の土日 屋台祭りの面だけでなく、各種の芸能や3年毎の大祭のみに催される余興が有名。
森の祭り 三島神社 周智郡森町森 11月第一週 鈴の舞などの舞を奉仕した稚児を、地面を歩かせずに屋台で自宅まで送り帰す「舞児還し(まいこがえし)」の儀式で有名。
潮海寺八坂神社祇園祭 潮海寺八坂神社 菊川市潮海寺 3年に一度、7月 唐破風型の二輪屋台が潮海寺山門前の階段を上り下りする。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 前述のとおり屋台ではなく祢里と呼称される。

関連項目[編集]