二田是儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二田是儀

2代 二田 是儀(ふただ これのり、1895年7月4日[1] - 1979年1月31日[1][2])は、日本政治家衆議院議員秋田県天王町

経歴[編集]

山形県西村山郡高松村(現・寒河江市)で[1]工藤八之助の三男として生まれる[3]。旧名・工藤亮吉[1]1921年東京帝国大学文学部印度哲学科卒[1][2]。翌年二田家に入籍する[1]。天王村(現・潟上市)長、秋田県議を経て[1][2]、1942年の翼賛選挙では秋田1区(当時)から大政翼賛会の推薦を受けて当選した。

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため、公職追放となる[4]1951年に追放解除[5]。追放解除後は再び天王村長となり、同村は在任中の1961年に町制施行。1965年まで務めた[1]1969年には同町の名誉町民となった[1]。1979年死去。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『秋田人名大事典』492頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』559頁。
  3. ^ 『秋田代議士物語』340頁。
  4. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面
  5. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日二面

参考文献[編集]

  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 杉渕廣『秋田代議士物語:帝国議会を生きた人々』秋田魁新報社、1989年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『秋田人名大事典』秋田魁新報社、2000年。