亀代順哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TransparentPlaceholder.svg 亀代 順哉 Golf pictogram.svg
Junya Kameshiro
基本情報
名前 亀代 順哉
生年月日 (1995-02-07) 1995年2月7日(26歳)
身長 167 cm (5 ft 6 in)
体重 85 kg (187 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県那賀郡那賀町(旧鷲敷町
経歴
大学 大阪学院大学
プロ転向 2016年
2017年2月7日現在
テンプレートを表示

亀代 順哉(かめしろ じゅんや、1995年2月7日 - )は、日本プロゴルファー徳島県那賀郡那賀町(旧鷲敷町)出身[1]

経歴[編集]

11歳のとき、姉のゴルフの練習についていったことがきっかけで、自身もゴルフを始める[2]。その後、香川西高等学校から大阪学院大学へ進学する[1]

大学4年次の2016年日本アマチュアゴルフ選手権競技で初優勝を果たす[3]。同年12月5日、プロへ転向する[4]

2017年アジアンツアークオリファイングトーナメントで3位に入り、SMBCシンガポールオープンでプロゴルファーとしてデビューする[5]。また、この年からゴルフ用品メーカー・PING社と契約を結ぶ[6]

人物[編集]

亀代のゴルファーとしての武器は、平均300ヤードを超えるドライバーショットである[2]。その源は強靭な足腰にあり[7]、特に太もも回りは2016年の時点で70cmあるという[1]

女子プロゴルファー:渋野日向子サントリー)のコーチとして知られる青木翔の指導をアマチュア時代より受けている[8]

表彰歴[編集]

  • 2017年 - 第60回関西スポーツ賞(個人賞)[9]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c アマ亀代順哉V圏 太もも70cm破壊的ドライバー”. 日刊スポーツ (2016年10月1日). 2017年7月23日閲覧。
  2. ^ a b 平均300ヤード超…和製飛ばし屋誕生の予感 大阪学院大の21歳亀代”. 産経WEST. 産経デジタル (2016年4月21日). 2017年7月23日閲覧。
  3. ^ 亀代がプレーオフ制し初優勝 日本アマチュアゴルフ”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 (2016年7月8日). 2017年7月23日閲覧。
  4. ^ 亀代 順哉選手のプロフィール”. 日本ゴルフツアー機構. 2017年7月23日閲覧。
  5. ^ 日本人で唯一アジアツアーのQTを突破した亀代順哉、ぶっつけ本番でプロデビュー戦へ”. ALBA.Net (2017年1月20日). 2017年7月23日閲覧。
  6. ^ “永野、PING社ドライバーに太鼓判「一言で言えば飛ぶ」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年7月11日). http://www.hochi.co.jp/golf/20170711-OHT1T50207.html 2017年7月20日閲覧。 
  7. ^ 3位浮上の亀代順哉、“世界に通用する”飛距離を生んだ幼少時代のお手伝い”. ALBA.Net (2016年10月7日). 2017年7月23日閲覧。
  8. ^ "微笑みの国タイで始まったプロゴルファー亀代順哉の旅路". GDOニュース. 株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン. 15 January 2017. 2020年3月19日閲覧
  9. ^ 関西スポーツ賞 乾らシンクロ日本代表など受賞”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社 (2017年1月10日). 2017年7月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]