乙部館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

乙部館(おとべだて)は、岩手県盛岡市乙部[1]に所在した日本の城。現在は、宅地や畑地になっている。

歴史[編集]

かつての陸奥国志和郡乙部村に所在し、鎌倉期弘安3年(1280年平泉中尊寺経蔵別当 永栄が、弟子 朝賢に譲与に所領の一部に村名が見られ、南北朝期康永3年(1344年)にも再確認されている。 鎌倉期から室町期にかけて、志和郡東部には、河村氏の一党が居住している。稗貫郡の新堀や大迫に通じる要地で中世の宿駅があり、北の不来方郷(盛岡)にも通じ、北上川と乙部川の合流点にあった。

築城年代は不明であるが、古館は天正年間(1573-92年)の頃、斯波氏家臣乙部兵庫の拠ったとこで、同16年、同氏族滅亡後、南部家臣福士右衛門尉の居城となった。

天正20年(1592年)の諸城破却書上には、「乙部 平城 破 福士 右衛門 持分」とあり、破却された

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • 『岩手県史 第3巻 中世篇 下』 岩手県、1961年10月20日
  • (有)平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系 第3巻 岩手県の地名』 平凡社1990年7月13日ISBN 4-582-91022-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]