久野和禎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久野 和禎(ひさの かずよし、1974年2月22日 - )は、日本の実業家、コンサルタント、コーチ自己啓発書作家。コノウェイ株式会社代表取締役社長[1]

来歴[編集]

横浜市生まれ。立教英国学院東京大学経済学部、筑波大学MBA(International Business専攻)卒業。[2]

東京大学経済学部を卒業後、ボーカルスクールの経営を開始し、27歳で通信販売の会社を創業。数年間2社を経営したのち30歳より一般企業に入社。[3]

タイコ・エレクトロニクス英語版にてファイナンス及びマーケティングマネージャー、フィリップス)にて経営企画、組織変革推進、営業企画、ロジスティクスの各分野の部門責任者及び新規事業立ち上げ、ビューローベリタス)にて営業部長、ProFuture(旧HRプロ)の常務取締役兼COOを歴任。この頃、筑波大学国際経営プロフェッショナルで学ぶ[4]

ルー・タイスと苫米地英人が共同で作ったTPIE(Tice Principles in Excellence)に出会いコーチングを志すようになり、両者に師事してコグニティブコーチングを学び、複数のライセンスを取得。2015年12月にコーチングを中心とした経営支援を行うコノウェイ株式会社を立ち上げ、代表取締役社長に就任。2016年にはテンプル大学ジャパンキャンパス認知心理学講座を教えていた。[5]

書籍[編集]

出典[編集]

  1. ^ コノウェイ株式会社
  2. ^ 久野和禎 2016, pp. 199,213,222.
  3. ^ 久野和禎 2016, pp. 206,208.
  4. ^ 久野和禎 2016, pp. 213,222.
  5. ^ 久野和禎 2016, pp. 212-222.

関連文献[編集]

  • 久野和禎『思い描いた未来が現実になる ゴールドビジョン』PHP研究所、2016年12月。ISBN 978-4569832296

外部リンク[編集]