久木田律子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久木田 律子(くきた りつこ、1951年12月24日[1] - 2002年5月[2])は、熊本県出身[1]漫画家。夫は同業者の山本おさむ[3]

概要[編集]

1971年集英社りぼん』8月号「愛すべきわれらがトン子さん」でデビュー[1][4]。同社の『りぼん』や『マーガレット』などの少女漫画誌上で、人間愛と優しさに溢れる作品を発表した。

山本との間に数人の子供を儲けたが、20代から腎臓ネフローゼ症候群)を患っており、長期闘病の末、2002年5月に逝去した[2]。享年51。

作品リスト[編集]

作品はすべて集英社より発行。

  • りぼんマスコットコミックス
    • ロクが帰る日(1974年11月)
    • ありがとうの一言を…(1975年11月)
    • こもれ日の庭(1977年10月)
    • 海に落ちた星(1978年12月)
    • ぼたん雪(1979年11月)
    • 遠い朝やけ(1980年7月)
    • あいうえウリンボ(1982年4月)
  • マーガレットレインボーコミックス
    • あたたか色のクレパスで(1976年12月)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P130
  2. ^ a b 同年11月に発行された、山本おさむの『聖 -天才・羽生が恐れた男-』単行本9巻あとがきに記されている。
  3. ^ 山本の現在の妻は『今日もいい天気』を参照。
  4. ^ 単行本『ロクが帰る日』に収録。