久慈義昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久慈 義昭
生年月日 (1945-03-31) 1945年3月31日(75歳)
称号 ヴィータウタス大公将校十字勲章
親族 父・久慈義巳

当選回数 6回
在任期間 1979年 - 2003年
テンプレートを表示

久慈 義昭(くじ よしあき、1945年3月31日 - )は、日本政治家。元岩手県久慈市長

1979年、当時久慈市長であった父の久慈義巳が病死し、当時34歳であった長男の義昭が市長選に立候補、当選した。以後、6期にわたり久慈市長を務めたが、2003年の統一地方選で岩手県議5期の山内隆文に敗れた。[1]

1991年1月、リトアニアに対するソ連の武力介入に対し、久慈市はゴルバチョフ大統領に抗議電報を送った[2]

その後、久慈市とクライペダ市の交流実績により、2003年2月にリトアニア共和国から久慈義昭市長(当時)にヴィータウタス大公将校十字勲章が授与された[3]

2015年春の叙勲で旭日中綬章受章。

脚注[編集]