主徒会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

主徒会(しゅとかい、中国語: 主徒會, ラテン語: Congregatio Discipulorum Domini, 略称: C.D.D.)は、キリスト教 カトリック教会の男子修道会イタリア人、チェルソ・コスタンティーニ枢機卿により中国 察哈爾省宣化で創設され、現在その本部は台湾 台北市に所在する。

沿革[編集]

  • 1922年 - チェルソ・コスタンティーニ大司教(当時)が初代在華教皇使節として中国に着任。彼は中国が古代より文化を重んじる大国であり、人びとを思想の上からも敬服させなければ宣教もままならないと考えた。当時の教会は中国において300年の歴史がありながらも、なお外国人によって運営されていた。そこで彼は中国に根付いた、中国人司祭を養成する修道会の必要性を痛感し、その創設を計画した。
  • 1927年 - 察哈爾省宣化城外(現在の河北省張家口市宣化区)に渓谷沿いの土地を購入し、中国式の会院一式を建設。ここに中国籍司祭養成のための修道会をつくるための準備をした。これが後に主徒会の母院であるエマオ会院となる。
  • 1949年 - 主徒会は本部を台湾・台北に移転。会士 郭若石が後に大司教に任じられる台北教区において宣教に従事し、高雄基隆において教会を建設した。中国大陸における活動のすべを失ったことにより、台湾および海外華人の信徒が宣教司牧の対象となった。また同時に、会士をインドネシアマレーシアに派遣して学校と教会を建設し、華僑に対する活動を展開。その範囲は台湾、マレーシア、インドネシア、シンガポールカナダアメリカなどに及んでいる。
  • 現在、主徒会の本部は台北市陽明山にある。台湾では文化・教育事業を行い、新北市新荘区恒毅中学中国語版[1]を経営し、また台湾における最初のカトリック雑誌である『恒毅双月刊』を発行している。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コスタンティーニ師の中国名 "剛恒毅" にちなむ。