主幹事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

主幹事(しゅかんじ)とは、株式等の売り出しにおける複数の幹事会社の代表のことを言う。

株式会社株式社債転換社債などの有価証券の募集や売り出しをする際、会社に代わって証券会社がその業務を引き受けるが、その中心になる証券会社を「幹事証券」と呼ぶ。幹事証券が1社でなく複数ある時は、その代表を選び、この代表のことを「主幹事」という。

引き受け会社になるには資金力が必要であるため、証券取引法施行令で最低資本金が決められており、幹事証券は100億円以上の資本金が必要とされている。

関連項目[編集]