丹宗朝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丹宗 朝子(たんそう ともこ、1932年1月16日 - )は、日本の裁判官弁護士浦和地方裁判所長や東京高等裁判所部総括判事、男女共同参画審議会委員などを務めた。福岡県出身。

略歴[編集]

人物[編集]

大学在学中に司法試験に合格[2]。女性裁判官が地方裁判所長になるのは丹宗が2人目で、家庭裁判所長も含めると4人目[1][3]

裁判[編集]

  • ロス事件三浦和義被告が、読売新聞社を相手に虚偽の報道をされ、名誉を傷つけられたとして争った裁判で、請求を退けた一審判決を変更し、新聞社側に慰謝料の支払いを命じた。

雑誌記事[編集]

  • 『家事審判例の軌跡-5-家事調停手続の審判例を中心として』p.p1 - 73(家庭裁判月報、最高裁判所編、1984年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「朝日新聞」1989年6月7日埼玉県版朝刊
  2. ^ Template:Cite bookl
  3. ^ 「朝日新聞」1987年1月10日朝刊


先代:
中川臣朗
高知地方裁判所長
1987年 - 1988年
次代:
池田良兼
先代:
藤島利行
浦和地方裁判所長
1989年 - 1991年
次代:
桜井文夫