丸山浩 (モータースポーツ関係者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丸山 浩(まるやま ひろし、1964年1月10日 - 、東京都出身)は、日本プロレーサーモータージャーナリストプロデューサー。2輪国際A級ライセンス、4輪国際Cライセンス所有。現、株式会社WITH ME取締役会長[1]

経歴[編集]

1985年筑波サーキットにおいてニュープロダクション250ccクラスで2輪デビュー。1987年に全日本ジュニアランキング第3位を獲得し、国際A級ライセンスを取得。それ以降全日本ロードレース250ccクラス及びTTF1クラス、SUPERBIKEクラスへ参戦。20年以上に及ぶレース経験を積み重ね、鈴鹿8時間耐久ロードレースへの出場も13回を数える。1997年からは4輪デビューも果たし、1998年1999年には2年連続でスーパー耐久シリーズへ、自らのファクトリーチューニングマシンで参戦、仙台ハイランドにて優勝[1]

上記の活動を進める一方、1988年よりモータージャーナリストとして数誌での連載を抱えながら、1990年、レース車両メンテナンス会社として有限会社丸山エンタープライズを設立。後にレースメンテのみならず、2輪4輪の車両販売、およびモータースポーツイベント、エキゾーストマフラー・パーツプロデュースや映像制作を手がけ、2006年、増資により株式会社WITH MEとしている。2012年に代表取締役社長を神永 暁(かみなが ぎょう)に[2]

交代、その後も株式会社WITH MEの会長役として、モータースポーツ関連のチューナーやイベントプロデューサー、映像クリエイターとして活動している[1][3]

2017年8月26日 - 8月27日にはツインリンクもてぎにて一般参加の耐久レース「もて耐」で2日間11時間耐久に挑み、第1回から20年間連続での参加を「皆勤賞」として表彰された6人のうち1人となった[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]