中野市立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Library) w.svg 中野市立図書館【全体用】
Nakano City Library
Library of Nakano City in Nagano Pref enterance.jpg
施設情報
専門分野 総合
事業主体 中野市
開館 1958年昭和33年)4月
所在地 中野市(4館)
統計情報
蔵書数 242,245冊・点 (2016年時点)
貸出数 175,411冊・点 (2015年)
条例 中野市立図書館条例
公式サイト http://www.nakano-lib.jp/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

中野市立図書館(なかのしりつとしょかん)は、長野県中野市にある公共図書館。中野市大字西条にある市立図書館、大字赤岩にある北部分館、大字安源寺にある西部分館、大字豊津にある豊田分館の4館からなる。2016年3月末現在での蔵書数は、中野市立図書館が205,744冊、分館の3館合計で36,501冊[1]。年間貸出数は175,411冊である(2015年度統計)。

歴史[編集]

1902年(明治35年)12月に長野県下高井郡中野町に小野幾之助により設立された私設文庫が始まりである。私設文庫としては帝国教育会付属図書館、伊勢神宮林崎文庫とともに全国的に有名であった[2]が数年で一旦閉館し、1917年(大正6年)12月に町立図書館として再開した。1946年(昭和21年)8月に中野公民館図書部となる。1954年(昭和29年)7月に合併により中野市となり、各町村の図書部が統合されて中野市公民館図書部となる。1958年(昭和33年)4月に中野市公民館図書部から独立し中野市立図書館が誕生した。

年表[編集]

  • 1902年(明治35年)12月 - 小野幾之助が私設文庫を開設[3]
  • 1917年(大正6年)12月 - 町立図書館として再開[4]
  • 1946年(昭和21年)8月 - 中野公民館図書部に組織改編[5]
  • 1954年(昭和29年)7月 - 中野市公民館図書部に組織改編[5]
  • 1958年(昭和33年)4月 - 中野市立図書館に組織改編[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度 教育要覧 (PDF)”. 中野市教育委員会. pp. 59 (2017年1月). 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 中野文庫の創設者 小野幾之助 図書館を考える会 2011 P.25
  3. ^ 中野市誌編纂委員会 1981, p. 324.
  4. ^ 中野町誌 綿貫與六 1919 p.264
  5. ^ a b 中野市誌編纂委員会 1981, p. 964.
  6. ^ 中野市誌編纂委員会 1981, p. 965.

参考文献[編集]

  • 『中野市誌 歴史編(後編)』 中野市誌編纂委員会、1981年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]