中西貴之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中西 貴之
生誕 (1965-07-06) 1965年7月6日
日本の旗 日本山口県下関市彦島
居住 日本の旗 日本
研究分野 微生物学
薬物動態学
研究機関 宇部興産株式会社
出身校 山口大学農学部
指導教員 飴山實
プロジェクト:人物伝

中西 貴之(なかにし たかゆき、1965年昭和40年)7月6日 - )は、日本サイエンスコミュニケーター。日本におけるサイエンスコミュニケーターの草分け的存在。

人物[編集]

山口県下関市彦島生まれ。山口大学大学院農学研究科を経て、宇部興産株式会社入社。日本科学技術ジャーナリスト会議会員。山口県下関市の伝統芸能平家踊伝承者[1]。Web R@dio Station“くりらじ”所属。2001年より会社勤めの傍ら英国のサイエンスコミュニケーションの手法に倣ってウェブやトークライブを活用したサイエンスコミュニケーターとしての活動を開始[2]。「子供たちに科学に興味を持ってもらうには、まず周りの大人が興味を持つことが必要」という活動方針に基づき、大人向けの平易な表現の科学書籍や学校教員向けの科学コンテンツの製作実績多数[3]

略歴[編集]

著書一覧[編集]

  • 『最新科学おもしろ雑学帖』 技術評論社、2006年3月、ISBN 4774127035
  • 『人を助けるへんな細菌すごい細菌―ココまで進んだ細菌利用』 技術評論社、2007年9月、ISBN 4774132209
  • 『なにがスゴイか?万能細胞 ‐その技術で医療が変わる!‐』 技術評論社、2008年6月、ISBN 4774135143
  • 『からだビックリ!薬はこうしてやっと効く』 技術評論社、2008年11月、ISBN 4774136816
  • 『食品汚染はなにが危ないのか』 技術評論社、2009年3月、ISBN 4774137960
  • 『食べ物はこうして血となり肉となる』 技術評論社、2009年7月、ISBN 4774139262
  • 『幹細胞の分化誘導と応用』 エヌ・ティー・エス、2009年9月、ISBN 486043160X
  • 『マンガでわかる菌のふしぎ』 ソフトバンククリエイティブ、2010年2月、ISBN 4797353724
  • 『なぜ、体はひとりでに治るのか』 技術評論社、2010年3月、ISBN 4774142204
  • 『宇宙と地球を視る人工衛星100』 ソフトバンククリエイティブ、2010年11月、ISBN 4797358726
  • 『ここまで進んだ次世代医薬品』 技術評論社、2011年3月、ISBN 4774145912
  • 『実はおもしろい化学反応』 技術評論社、2012年9月、ISBN 477415301X
  • 『カラー図解でわかる細胞のしくみ』 ソフトバンククリエイティブ、2013年7月、ISBN 4797359072
  • 『STAP細胞とはなにか』 ソフトバンククリエイティブ、2014年3月
  • 『身体をめぐるリンパの不思議』 技術評論社、2015年7月、ISBN 4774174718

出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「なぜ体はひとりでに治るのか?」(技術評論社)
  2. ^ 自然科学最新ニュース番組「ムートン」
  3. ^ サイエンスチャンネル(科学技術振興機構、2013年7月25日)

外部リンク[編集]