中華航空358便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華航空358便
China Airlines Cargo Boeing 747-200F Rees.jpg
事故機のB-198
チャンギ空港にて撮影された事故機(1985年
出来事の概要
日付 1991年12月29日
概要 金属疲労によるエンジン落下に伴う揚力低下
現場 中華民国の旗 中華民国台北郊外の山間部
乗客数 0
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 5(全員)
生存者数 0
機種 ボーイング747-200
運用者 中華民国の旗 中華航空
機体記号 B-198
テンプレートを表示

中華航空358便墜落事故(ちゅうかこうくう358びんついらくじこ)とは、1991年12月29日台湾中華民国)の航空会社の中華航空(現:チャイナエアライン)の貨物機が墜落した航空事故である。エンジンが飛行中に脱落したことが事故の引き金となった。

事故の概要[編集]

当日、中華航空358便(機体はボーイング747-2R7F、機体記号B-198)は航空貨物便として台北中正国際空港からアメリカ合衆国アラスカ州アンカレッジ国際空港に向けて離陸した。ところが離陸して3分後、5200フィートを上昇中に第3エンジンが脱落してしまい、同時に第4エンジンも脱落、エンジンは東シナ海に落下した。この時に異常が発生していたのは第2エンジンだと報告されている。

運航乗務員はトラブルを報告し、航空交通管制から空港に戻るための左旋回許可を受けた。しかし1分45秒後に358便から左旋回は不可能との交信が入り、そこで管制は右旋回を指示したものの、結局これが最後の交信となった。358便はしばらくして操縦不能に陥り、ついには台北郊外の山間部に墜落。搭乗員5名全員が死亡した。

事故原因は、エンジンを主翼に止めるヒューズピンに亀裂が入っていたために破断し、片方の推進力が失われた上に、操縦が困難になったためであった。

事故機は1980年に製造され、カーゴルックス航空がLX-ECVとして導入した後、1985年に中華航空に売却されたものであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]