ナイジェリア航空2120便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナイジェリア航空 2120便
Nationair DC-8-61 C-GMXQ FAO 1989.png
1989年に撮影された事故機(C-GMXQ)
出来事の概要
日付 1991年7月11日
概要 空気圧不足によるタイヤの破裂
現場 サウジアラビアの旗 キング・アブドゥルアズィーズ国際空港近郊
乗客数 247
乗員数 14
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 261
生存者数 0
機種 ダグラスDC-8-61
運用者 ナイジェリアの旗ナイジェリア航空英語版
機体記号 C-GMXQ
テンプレートを表示

ナイジェリア航空2120便墜落事故(ないじぇりあこうくう2120びんついらくじこ)とは、1991年7月11日サウジアラビアジッダで発生した航空事故である。事故の主な原因は、タイヤの破裂により高熱を生じて発火したままの着陸装置を機内に格納したため、その後に生じた機内火災である。

事故当日の2120便[編集]

事故の概要[編集]

2120便はジッダのキング・アブドゥルアズィーズ国際空港からソコトへ離陸した。しかし、離陸滑走中に異音が発生。だが離陸決心速度(V1)を超えていたためそのまま離陸した。

離陸直後にランディングギアを格納したが、その直後に与圧システムに異常が発生。空港に引き返そうとしたが管制側は管制官のミスにより2120便の空港までの誘導に手間取っていた。その間に2120便の機内では火災が発生し、油圧系統やエアブレーキの損傷により操縦も困難になり、それと同時に機体が空中で分解し始めていた。

その後パイロットがなんとか滑走路を視認し緊急着陸を試みたが、滑走路34L手前2875m地点に墜落。機体は大爆発を起こし、搭乗していた261名全員が死亡した。

事故原因[編集]

事故原因は、左主脚のタイヤが破裂したことによる火災だった。事故の4日前に左主脚の2番タイヤの空気圧が不足していることが判明し、主任整備士が整備しようとしたがタイヤに充填する窒素が手配できず、出発の遅れを嫌がったプロジェクトマネージャーが出発を許可して2人とも2120便に搭乗した。

ただでさえ空気圧が不足している上に乗客と荷物を満載した状態で、高熱になった誘導路を走行し離陸を敢行した結果、熱で脆くなっていた同じ主脚の対になるタイヤにも過重がかかり離陸滑走中に2つとも破裂。タイヤバーストに起因するホイールと滑走路の摩擦熱によりゴム片が発火した。そのため格納されたランディングギアが火種となり、主脚格納庫にあった油圧装置・電気系統・操縦ケーブルが次々に焼損、中央燃料タンクの隔壁も焼けて燃料が漏れだした。さらに、格納部の天井にあった客室の床も火災で脆くなり、緊急着陸のために主脚を出したことで機体は崩壊、乗客の一部は座席ごと2000mの高さから放り出された(墜落現場から18km離れた場所で見つかった乗客の遺体もあった)。また、主脚を出した途端に機内へ大量の酸素が流れ込み、燃料に燃え移った炎が勢いを増した。この一瞬で機体はほとんど炎に包まれ、そのまま大地に激突、爆発した。

また管制官が誘導に手間取った原因は、2120便が緊急事態宣言(与圧システムの異常)を通報した際、偶然空港の南にいたサウジアラビア航空738便も緊急事態を宣言していたため、管制官は混乱を起こした。管制官は北にいた2120便に誤って北に向かうように進言してしまったが、客室乗務員により機長たちが火災発生を知らされ、それを空港に連絡した際、管制官は自らの誤りに気付いた。しかし、客室乗務員がそれを報告してきた時点で既に取り返しのつかない事態となっており、また、機長らも機体のダメージを把握しきれていなかったこと、機体のダメージが急速に増して行ったことなどから、どちらにしろ2120便の墜落は免れなかったとされる。

この事故ではパイロットにも管制官にも責任はなく、整備をおざなりにしたネーションエアと、出発を強行したプロジェクトマネージャー(事故機に搭乗し死亡)にあった。さらには、タイヤの空気圧の数値が別の整備士によって改竄された痕跡も事故調査で発見されている。

事故機はナイジェリア航空が運行していたものの、上記のように乗員ごとネーションエアからリースされており、安全上の責任は同社が負っていた。そのネーションエアは事故発生以降一度もフライトを行うことなく、1993年5月に倒産した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • コンコルド墜落事故 - 破裂したタイヤの破片が燃料タンクに衝突した結果、火災が発生。パイロットは5km先のル・ブルジェ空港を目指したが、その前に主翼が溶け落ちて操縦不能となり、ホテルの建物に墜落。乗員乗客のほか、地上の4名を含む合わせて113名の死者を出した。
  • スイス航空306便墜落事故 - ブレーキを多用しすぎたことによりタイヤが炎上し、そのまま着陸装置を機体に収納したことで機内火災に発展。本事故と同様に墜落した。また、犠牲者の中にはスイスのフンリコン村の村民43名も含まれ、村の機能に重大な損失を被ることになった。
  • アダム航空574便墜落事故 - 2007年1月1日インドネシアで発生した航空機事故。乗務員に対する緊急事態訓練を会社側が行なっていなかった他、適切な機体整備がなされていなかったことが事故の引き金を引いた。また、本事故でのネーションエアと同じくアダム航空は安全性を軽視した利益優先による運航を行なった結果、574便の後にも事故が続発し、574便の事故から2年後に破産、運行停止になった。

映像化[編集]

出典[編集]

  • デビッド・ゲロー「航空事故」(増改訂版)イカロス出版 1997年