中華丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華丼
中華丼とスープ

中華丼(ちゅうかどん)とは白飯の上に中華風の旨煮を盛りつけた日本中華料理。 店や地域によって、中華飯(ちゅうかはん)、肉めし、八宝飯(はっぽうはん)、広東飯、五目あんかけ飯などとも呼ばれる。中丼(ちゅうどん、なかどん)と略す場合もある。

起源については不明である。賄い料理として戦前から存在したという説もあるが、「中華丼」という名称が生まれたのは「中華」「中華料理」という言葉が浸透した戦後のことであると思われる。

「中華丼」という名称は日本独自のものだが、類似の料理は中国やその他の国々にも多数存在する。

作り方[編集]

  1. を引き豚肉もつ、各種野菜玉ねぎにんじん白菜きくらげなど)を炒める。エビイカなどの魚介類やうずら卵を加える事もある
  2. その後スープで軽く煮込み、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、味を調える
  3. 深皿にごはんを盛り、上にかける

類似の料理[編集]

中国では、餡かけご飯全般を燴飯(フイファン)[1]と呼び、中国のほかシンガポールをはじめとする華人のいる東南アジアの中華圏において広く食されている。バリエーションは什錦燴飯(五目飯)、海鮮燴飯、牛肉燴飯など多数。日本においても「会飯(ホイハン)」という表記で提供する店がある[2]

また、中国語圏ではカレーライスはこの種の料理の一種と考えられており、咖哩飯(カリーファン)、咖哩燴飯(カリーフイファン)と呼ばれる。なお、日本で香港の料理として信じられている「的士飯」は、1990年代に福生市韮菜饅頭という店で誕生したオリジナル料理である。

八宝飯中国語版」と呼ばれる料理は中国にもあるが、これは小豆餡餅米で包み、干し棗などのドライフルーツを飾り付けて蒸し上げた点心である。

中華丼のあんをご飯ではなく炒めた中華麺にかければ「炒麺」になる。

アメリカ合衆国にはチャプスイと呼ばれる類似の料理があるが、味付けや具材が日本とはやや異なる。

沖縄県ちゃんぽんは、野菜炒めの卵とじをごはんの上に載せる。

帯広市ご当地グルメとして知られる「中華ちらし」は、餡掛けではない野菜炒め載せライスである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]