中津万象園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
万象園

中津万象園(なかづばんしょうえん)は、香川県丸亀市中津町に在る日本庭園万象園とも呼ばれ、丸亀美術館が併設されている。

概要[編集]

面積5ヘクタールの池泉回遊式大名庭園は、貞享5年(1688年)に丸亀藩主である京極高豊の命により、丸亀城城下町に近い中津の浜に面して造られた。庭園名は森羅万象に由来するとされる。京極氏の故郷である近江国琵琶湖をかたどった八景池が掘られ、帆、雁、雪、雨、鐘、晴嵐、月、夕映と近江八景になぞらえ名付けられた島々が浮かび、橋で巡る事ができる。それとは別に朱塗りの邀月橋も池をまたいで掛かり、園内に彩りを添えている。池に面しては、潮の満ち引きが見られたという観潮楼、その近くには母屋が茶庭に面して建ち、樹齢六百年と言われに似た形を持つ大傘松が広がる。これらの門として、くぐると長生きすると言われる松寿関が設けられている。

施設[編集]

  • 万象園(日本庭園)
    • 邀月橋
    • 観潮楼
    • 母屋 - 茶室、前庭に大傘松
    • 魚楽亭
    • 筆海亭
    • 松帆亭
    • 松寿関
    • 石投げ地蔵尊
  • 丸亀美術館
  • 本館棟
    • 懐風亭 - 庭園の池に面する和風レストラン
    • 万象園ホール

参考文献[編集]

  • 「丸亀藩京極家別館 中津万象園 丸亀美術館」パンフレット

関連項目[編集]

文化財[編集]

  • 名勝(1975年5月30日に市指定)[1]

脚注[編集]

  1. ^ 丸亀市ホームページ

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度17分7.8秒 東経133度46分9.6秒