中村雅子 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかむら まさこ
中村 雅子(旧姓:辻)
プロフィール
出身地 日本の旗 日本
青森県青森市出身
職歴 福島テレビアナウンサー(1987年 - 1992年)
フリーアナウンサー・朗読家(1992年 - )
配偶者 中村修将棋棋士
公式サイト 言葉で紡ぐ愛
出演番組・活動
出演経歴FTVテレポート
FTVスピーク

中村 雅子(なかむら まさこ)は、日本の女性フリーアナウンサー朗読家。夫は将棋棋士王将のタイトル2回獲得の中村修九段

福島テレビアナウンサーであり、当時の氏名は辻 雅子(つじ まさこ)。

活動[編集]

1987年、福島テレビに入社し、アナウンサーを務める。FNSアナウンス大賞新人賞・CM部門賞の受賞歴がある[1]

1992年に結婚退職し「辻雅子」から「中村雅子」となって東京に移り住み、以降、フリーアナウンサーや朗読家として活動する。

フリーアナウンサーとしての最初の数年間は、「タイム3」「タイムアングル」「TVクルーズ となりのパパイヤ」等の番組で、生コマーシャルを務めた[1]。また、夫が将棋界でタイトル歴のある有名棋士であるということで、将棋まつりなどの将棋イベントに夫婦揃って協力し、雅子が司会役を任されることもある。

一方、幸田弘子に師事しつつ朗読グループ「幸風」に参加し、朗読家として都内や地元青森を中心に公演を行っている[1]

プロ棋士の妻として[編集]

1992年、福島テレビを退職し、同年に2歳年上[2]の中村修と結婚。プロ棋士の妻の役割として、雅子は「マネージャー」、「秘書」、「洋服コーディネーター」の3つを挙げている。修が対局を終えて帰宅するのは深夜になることが多く、寝たふりをして待つ。勝ったのか負けたのかは「気配と物音でわかる」とのこと[2]

二人の出会いは、福島テレビに入社したばかりの1987年春。将棋好きの上司からの「若手の棋士達が福島に来るから一緒に食事でも」という誘いに雅子ほか数名が応じた。修とともに「55年組」と呼ばれる同期の強豪棋士・島朗塚田泰明も同席していた[2]。ちなみに、修はその1987年の3月にすでに王将2連覇(相手は2回とも中原誠十六世名人)を達成していた(塚田はその年に、島は翌年に初タイトルを獲得する)。

以降、グループ交際が続いたが、3年ほど経って二人きりで会うようになる。修が東京駅新幹線ホームから福島在住の雅子に夕方に電話して、いきなり食事に誘うことがあったという。結婚前に上司(上述)から修の収入が大体どれぐらいであるかを聞いたり、将棋界の事情を教えてもらったことがあり、結婚に行き着けたのは「上司のおかげ」であるとしているが、結婚後に、修の毎月の収入の変動が激しいことに驚くこととなる(対局料収入が主であるため)[2]

なお、夫婦そろって宝塚歌劇団の大ファンである。最初は雅子の方から誘ったが、その後、修も熱を入れるようになった[2]

出演番組[編集]

福島テレビ

脚注[編集]

  1. ^ a b c 朗読会[リンク切れ]
  2. ^ a b c d e 別冊宝島440「将棋 これも一局 読本」 ISBN 4-7966-9440-4

外部リンク[編集]