中村幸彦 (化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 幸彦(なかむら ゆきひこ、1898年 - 1975年)は、日本化学者農学者農学博士北海道帝國大學)。専門は、生物化学北海道大学名誉教授・元北海学園大学教授。市立名寄短期大学学長北海道出身。

来歴[編集]

1922年北海道帝国大学農学部農芸化学科卒。同農学部助手を経て、1926年同農学部助教授(生物化学を担当)。1935年ドイツアメリカ合衆国に生物化学研究のため留学。

1942年北海道帝国大学農学部教授。1962年北海道大学停年退官。同名誉教授。北海学園大学教養部教授(物質科学・物質環境科学を担当)。1969年市立名寄短期大学3代学長に就任。1973年市立名寄短期大学学長退任。

1942年 北海道帝国大学農学博士。論文は「澱粉より分離せられる新複糖類及びその構造並びにそれより導かれる澱粉分子の構成に対する考察」[1]

受賞歴[編集]

主著[編集]

参考文献[編集]

『市立名寄短期大学三十年史』(市立名寄短期大学, 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
先代
高田幸二
市立名寄短期大学学長
第3代: 1969年 ‐ 1973年
次代
鈴木朝英