中村円一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村円一郎

中村 円一郎(圓一郎、なかむら えんいちろう、1867年慶応3年6月[1][2][注釈 1]) - 1945年昭和20年)2月23日[1][2])は、明治時代後期から昭和時代前期の政治家実業家銀行家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

遠江国榛原郡青柳村(神戸村、吉田村を経て現吉田町)で[2][3]、中村円蔵の長男として生まれる[4][5]。家業の醤油醸造業を継ぐ[2][3]1896年(明治29年)静岡県会議員に当選[1]。ついで榛原郡会議員などを務めたのち、1900年(明治33年)には全国茶業組合代表としてパリ万国博覧会に参加した[1][3]

1907年(明治40年)日本共同製茶を創立[2]。ほか、静岡県再製茶業組合組合長、大井川鉄道初代社長、全国茶業組合中央会議所会頭[2]、静岡商工会議所特別議員、三十五銀行頭取[6]藤相鉄道[5]、中村製茶、日本紅茶各社長、自作農創設維持委員などを歴任した[1]

1918年(大正7年)静岡県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年9月29日[7]から1939年(昭和14年)9月28日まで3期在任した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 衆議院、参議院 編 1960, 205頁.
  2. ^ a b c d e f 上田ほか 2001, 1384頁.
  3. ^ a b c 竹内ほか 1995, 378頁.
  4. ^ 『現代日本人名大辞典 昭和5年版』なね之部24頁。
  5. ^ a b 『静岡県歴史人物事典』337頁。
  6. ^ 同盟旬報 昭和17年5月10日発行 29頁。
  7. ^ 『官報』第1848号、大正7年9月30日。

注釈[編集]

  1. ^ 静岡県立静岡中学校第30回卒業生の中村円一郎(秀平)は静岡中学を1915年(大正4年)に卒業していることから別人と考えられる。


参考文献[編集]

  • 『現代日本人名大辞典 昭和5年版』東邦通信社、1930年。
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』大蔵省印刷局、1960年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 静岡新聞社出版局編『静岡県歴史人物事典』静岡新聞社、1991年。
  • 竹内理三ほか 編纂 『静岡県姓氏家系大辞典』角川日本姓氏歴史人物大辞典22、角川書店、1995年。ISBN 4040022203 
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』講談社、2001年。ISBN 4062108496 

外部リンク[編集]