不名誉除隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不名誉除隊(ふめいよじょたい、dishonorable discharge)とは、米軍軍人に対する懲戒処分の一つで強制的に除隊させられることをいう。日本自衛隊では懲戒免職が相当する。対義語は名誉除隊

米軍の場合[編集]

軍人(予備役や退役軍人も含まれる)が相当の理由により軍事法廷(軍法会議)で有罪となった場合、軍刑法により死刑懲役などの刑罰が科せられる。さらに不名誉除隊処分を受けることは軍隊で最も恥ずべきこととされ、犯した罪が特に重大(敵前逃亡命令不服従性的暴行殺人など)であれば高等軍法会議で裁かれる。除隊に際しては最下層の二等兵に降格となる。

この処分を受けると、依願除隊した退役軍人が受けられる利益すべてを剥奪される。さらに多くの州では不名誉除隊は裁判で重罪の判決を受けたことと同等とみなされ、以下の不利益を被ることになる。

特定の州ではこれらに加え、

などが課せられる。

参考文献[編集]

  • 奥平穣治「防衛司法制度検討の現代的意義 日本の将来の方向性」

関連項目[編集]