不合理ゆえにわれ信ず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不合理ゆえにわれ信ずラテン語: Credo quia absurdumクレド・クィア・アブスルドゥム)は、 キリスト教神学テルトゥリアヌスによる3世紀初頭の著作『キリストの肉について英語版』の一部を要約した言葉である[1]不合理なるが故にわれ信ず[2]不条理なるが故に我信ずなどとも日本語訳される。

キリスト教信仰の対象は、理性感性に無関係であり超越的である、を意味する[1]。「知らんがためにわれ信ずイタリア語版英語版」(ラテン語: Credo ut intelligam、信仰はかえって理性認識を助けるの意味、11世紀アンセルムスの立場)や「信ぜんがために知解するイタリア語版」(ラテン語: Intelligo ut credam)に対比して用いられる[1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c クレド・クイア・アブスルドゥム credo quia absurdum”. ブリタニカ国際大百科事典小項目事典. 2018年11月28日閲覧。
  2. ^ テルトゥリアヌス【Quintus Septimius Florens Tertullianus】”. 大辞林第三版. 三省堂. 2018年11月28日閲覧。
  3. ^ 知らんがためにわれ信ず Credo ut intelligam”. ブリタニカ国際大百科事典小項目事典. 2018年11月28日閲覧。