上田正造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
D4S 0001.jpg
上田正造
グランプリでの経歴
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1993 - 1994
チーム

93’セクレテイルヤマハ

94’ケイユースズキ
レース数 16
チャンピオン 0
優勝回数 0
表彰台回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション回数 0
ファステストラップ回数 1
初グランプリ 1993’全日本ロードレース選手権GP250 開幕戦
最終グランプリ 1994’全日本ロードレース選手権GP250 第7戦
テンプレートを表示

上田 正造(うえだ しょうぞう、1975年2月5日 - )は、山口県宇部市出身の元モーターサイクルロードレーサープロ野球ゼネラルマネージャー事業家。 家庭内の事情から現役引退後にの変更をした為、現在の名前は竹下 晶祥。※名前の読みは同じ。(本名 竹下 正造)身長168cm、体重55kg、血液型Rh-A。

来歴[編集]

1993年より2シーズン全日本ロードレース選手権GP250にヤマハ、スズキのワークスチームから参戦。 その後、極度の不振に陥り2年間ノーポイントのまま短い現役生活を終え、1995年引退

引退後は二輪販売会社を経営。大阪府を中心にバイクショップ、中古部品専門店など、グループ合計8店舗まで事業を拡大する[1]傍ら、2008年にプロ野球関西独立リーグ紀州レンジャーズの運営母体、株式会社紀州レンジャーズの設立から携わり、その後に取締役兼任ゼネラルマネージャーに就任。

2009年2月20日、同じリーグの新球団である神戸9クルーズ執行役員常務として移籍した[2]が、同年6月、神戸を運営する株式会社神戸ベースボールクラブから解任される。

2011年4月、プロ選手、プロ球団運営の経験と事業経営の手腕を買われ、四国アイランドリーグplusに所属する徳島インディゴソックスの事業統括兼任ゼネラルマネージャーに就任[1]。約2年ぶりのプロ野球界復帰となる。

竹下の在任中、徳島はチーム創設7年目にして初のリーグ優勝、あわせて年間総合優勝も遂げた。徳島は2012年3月27日、3月1日に決定されたNPB育成選手の独立リーグ派遣制度の適用を国内の独立リーグ球団で初めて実現し[3]、広島東洋カープから選手2名を受け入れた。同年前期終了時に「家庭の事情」により退団した喜田剛の後任として、8月に長内孝が打撃コーチに就任した[4]。2012年度の球団収支は1030万円の赤字で、前年度(2890万円の赤字)から大幅に改善した[5]

2012年12月、徳島球団公式ホームページや自身のfacebookにて、退団を表明(球団は「勇退」としている)。その後、2013年は球団顧問に就任。同年シーズン終了とともに退任[6]

2013年3月、徳島県内でイタリア料理店をオープン。同年7月には広告制作やプランニングを行う事務所を開設した後、2015年にはカフェのオープンとネット印刷業に参入した。

略歴[編集]

  • 1991年 - 地方選手権にてロードレースデビュー。
  • 1992年 - 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)ロードレースライセンス国内A級昇格。
  • 1993年
    • MFJロードレースライセンス国際A級昇格。 
    • 全日本ロードレース選手権GP250にセクレテイルヤマハから参戦。
  • 1994年 - KEIYUスズキに移籍。
  • 1995年 - 現役引退。(スズキ)
  • 2008年 - 株式会社紀州レンジャーズの取締役ゼネラルマネージャーに就任。
  • 2009年
    • 2月 - 株式会社神戸ベースボールクラブ(神戸9クルーズ)の執行役員常務に就任。
    • 6月 - 神戸の執行役員常務を解任される。
  • 2011年 - 四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスのゼネラルマネージャーに就任。
  • 2012年 - 徳島のゼネラルマネージャーを勇退。
  • 2013年 - 徳島球団顧問に就任。同年シーズン終了と同時に退任。

エピソード[編集]

  • 現役引退後の「サイクルサウンズ」の取材に対し、不振の理由の一つにデビューの年に交通事故で亡くした「親友の死」が関係していると告白している。「乗り越えることができず、また、レースに持ち込んでしまった事は自分がワークスライダーとして相応しくなかった証拠だと思っています。」と誌上で語っている。
  • 紀州レンジャーズのGM時にディスクジョッキー顔負けの声でホームの場内アナウンスも行うGMとして話題になる。のちに徳島インディゴソックスでも場内アナウンスを務めている。
  • コピーライターとしても活躍しており、宣伝会議賞など、多数の入選実績がある。
  • 徳島県内でイタリア料理店を経営しており、自らが調理を行っている。現在は広告代理店やカフェも経営している。
  • 徳島インディゴソックス時代に球団経営、運営の改善手腕が注目され、本人の密着ドキュメントが四国放送で二作制作、放送されている。
  • 2017年10月に放送された、読売テレビ発見!仰天!!プレミアもん!!! 土曜はダメよ!」に元プロレーサー、プロ野球GMとして出演している。

脚注[編集]

  1. ^ a b “徳島インディゴGMは36歳 元レーサー、経営手腕磨く”. 朝日新聞. (2012年1月15日). http://www.asahi.com/sports/baseball/npb/news/OSK201201150077.html 2017年12月19日閲覧。 
  2. ^ 紀州レンジャーズ 竹下GM移籍のお知らせ - 紀州レンジャーズウェブサイト(2009年2月20日)
  3. ^ 徳島IS 広島東洋カープより育成選手派遣のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年3月27日)。なお、香川オリーブガイナーズが同制度での派遣契約の締結を発表したのは2日後の3月29日である(香川OG 広島東洋カープより育成選手派遣のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年3月29日))。
  4. ^ 徳島IS 新コーチ就任のお知らせ 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年8月1日)
  5. ^ “香川は1960万円赤字/四国ILplus”. 四国新聞. (2013年2月26日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20130226000150 2018年1月14日閲覧。 
  6. ^ 徳島インディゴソックスニュース&トピックス2012年12月 - 徳島インディゴソックスウェブサイト(「竹下GM 勇退のご報告」を参照)