上北鉱山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上北鉱山
所在地
上北鉱山の位置(青森県内)
上北鉱山
上北鉱山
所在地 青森県上北郡七戸町 字南天間舘
日本の旗日本
座標 40°44′33.5″N 141°0′43.3″E / 40.742639°N 141.012028°E / 40.742639; 141.012028座標: 40°44′33.5″N 141°0′43.3″E / 40.742639°N 141.012028°E / 40.742639; 141.012028
生産
産出物 銅鉱石
生産量 2万トン/月 (1955年)
歴史
開山 1940年(昭和15年)
採掘期間 33年
閉山 1973年昭和48年)6月
所有者
企業 日本鉱業 (現:JXTGホールディングス)
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学

上北鉱山(かみきたこうざん)は、青森県上北郡七戸町(旧天間林村)字南天間舘で操業していた日本鉱業(後にJXホールディングス等を経てJXTGホールディングス)経営の鉱山。1940年(昭和15年)に操業開始。硫化鉄を産出し、最盛期には1ヶ月に2万トンの鉱石を処理したが、鉱石の枯渇により1973年昭和48年)6月に閉山した。

歴史[編集]

  • 1935年(昭和10年) - 硫化鉄鉱脈を発見。
  • 1940年(昭和15年) - 本格的に採掘を開始。
  • 1941年(昭和16年) - 銅鉱床を発見。
  • 1955年(昭和30年) - 選鉱場が完成。1ヶ月に2万トンの鉱石を処理する。
  • 1973年(昭和48年) - 資源の海外依存が強まったのと鉱石の枯渇により閉山。

エピソード[編集]

  • 国内最大の銅産出量を誇り「神風鉱山」と呼ばれていた。
  • 最盛期には5000人もの人々が暮らし、かつては小中高校、病院、郵便局、映画館、食品スーパーが存在した。
  • 青森市の国鉄東北本線(当時)野内駅[1]と上北鉱山を結ぶ索道(ロープウェー)が通っていた。
  • 現在は金属鉱業等鉱害対策特別措置法に基づいて、指定鉱害防止事業機関[2]が鉱害防止業務として坑水処理場を設け、鉱毒の中和作業を実施している。
  • この周辺ではサモダシ(ナラタケ)等の山菜取りが盛んに行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 青い森鉄道移管後の2011年春に別な場所に移動。
  2. ^ 財団法人資源環境センター

参考文献[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]